俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

雨の松ぼくり伝言の短し

作者  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

良い話でも人を介して聞く言葉はどことなく冷たく感じてしまいます。たぶん私だけでしょうが…。
その心情を閉じた松ぼっくりと取り合わせてみました。
感想をよろしくお願いします。

最新の添削

「雨の松ぼくり伝言の短し」の批評

回答者 なおじい

杠さん、こんにちは。
御句拝読しました。
拝読しただけでは意味が取り切れず、ご自身のコメントを拝読してようやくなんとなくわかってきました。
人から聞いた話の冷たさをいうのに、「伝言の短い」というのは私にはない感性です。私などはいつもわかりやすさとかを気にして詠もうという気持ちが強く、結果として普通っぽくなってしまうのかもしれません。

・人づての話冷ややか松ぼくり

コメントから、「伝言」を開いて「人づての話」、「短し」は「冷ややか」とさせていただきました。結果、「雨」が消えてしまいましたが、重要な要素だったかもしれません。
よろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「雨の松ぼくり伝言の短し」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
げばげばと申します。

いつも拝読していますが、取り合わせが魅力的で惹かれます。
今回の句は、調べを整えることができそうなので、語順を替えませんか?

伝言はみぢかし雨の松ぼくり

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「雨の松ぼくり伝言の短し」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

はじめまして。

語順はげばげばさんのコメントの通りかなとは思いますが、それ以前に、良い句ですね。詩情たっぷり!。松ぼっくりの素っ気なくも何か言いたそうな様子は、幼少の頃から印象です。

よろしくお願いします。

指摘事項: 字余り

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

夏日照り湖底眺める人の居り

作者名 鳥越暁 回答数 : 1

投稿日時:

白帝に見放されたる白鸚鵡

作者名 いなだはまち 回答数 : 1

投稿日時:

手袋の手にヨーヨーのすべること

作者名 長谷機械児 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『雨の松ぼくり伝言の短し』 作者:
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ