俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

読む月に聴き入る月に見る月に

作者 こま爺  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

月が兼題とのことなので、もう一句、しかし何を思いつくもまさに月並み。そこで、正直に思い巡らせて見ると、天文学的なことを差し置いても、月とは本当に縁が深い。詩歌や物語、音楽に、そして実際に見る月です。この気持ちをそのまま句にできないものかと作って見ました。

月を繰り返す、ちょっとマニアックだとお叱りを受けそうですが、実際の思いです。

最新の添削

「読む月に聴き入る月に見る月に」の批評

回答者 竜子

こま爺様 こんにちは。
お世話になります。
拙句ともかくものコメントありがとうございます。
確かに人は群れたがりますね。でも私は群れるのが好きでないので群れる人を詠みました。
語順を変えると少し違う感じがしました。
御句
月は一年を通して身近なものであり、四季それぞれに趣がある。花と並んで美に中心におかれるものと歳時記にありました。
提案です。
読んで月聴きつつ月に見る月に
よろしくお願いいたします。
追伸、御句ビルのコメントで
「されはを辞書を引きました」のところ「さてはを辞書でひきました」の間違いでした。慌て者ですみません。
ごめんなさい。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「読む月に聴き入る月に見る月に」の批評

回答者 つちや郷里

句の評価:
★★★★★

こま爺さんこんにちは。
コメントありがとうございます。

御句
ちょっとだけ変えてみます。
・『読めば月聴き入れば月見れば月』
あるいは
・『読めば月聴き入れば月あおぐ月』
三段切れではありますが、リズムが良くなったかと思います。

またよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、つちや郷里さんの俳句の感想を書いてください >>

「読む月に聴き入る月に見る月に」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こま爺さん、こんにちは。
御句拝読しました。
月は古代からこの星と共にいましたから、色々な形で芸術の題材になっていますよね。もちろん生活にも溶け込んでいます。

こま爺さんの句意を損ねないつもりで、私なりにちょっと読み替えをさせていただきました。

・月を詠む月を奏でる月を観る

中七は「月に聴き入る」と迷いましたが、「月を」で揃えさせていただきました。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「読む月に聴き入る月に見る月に」の批評

回答者 鬼胡桃

句の評価:
★★★★★

こんにちは。冷害の句にコメントありがとうございます。
確かに発破なら解体なくても通じそうですね。
句を読みまして、月を擬人化した句と感じました。読むは風向きを。聞き入るは噂や情報を。見るは世界の動きを。みたいにです。
あと、実は査定していただきたい句が一つあります。
9月初めに投句した新季語候補の句で、
上五は[爆買いの]の句でございます。
こちらに関してコメントをお願い致します。

点数: 0

添削のお礼として、鬼胡桃さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

春の日にフリル降ろす女子心揺れる

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

秋風よ履歴書書けず母呼びて

作者名 優子 回答数 : 2

投稿日時:

竹ぼうき絡みて落ちぬ冬紅葉

作者名 卯筒 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『読む月に聴き入る月に見る月に』 作者: こま爺
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ