俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

霜月や日の出の動くを日々眺む

作者 04422  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

いつもお世話になっております。駄作ばかりです。珍しく朝霧のない今朝は日の出の位置が南下している場所はっきりと確認できました。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「霜月や日の出の動くを日々眺む」の批評

回答者 かぬまっこ

今日は👋😃
霜月は時候の季語です。時候の季語は映像をもたないので具体的な物と取り合わせます。この句は日の出でしょうか。ただ「眺む」は省いてもよいように思います。コメントを読むとこんな感じでしょうか。

🔷霜月の日々南下する日の出かな

でも、これは報告句のようにも感じます。それは「日々」です。夏井先生はよく時間軸のことをおっしゃいます。日々ですからこの句の時間軸は長いですね。俳句は一瞬を切り取り詠むと言われます。

点数: 0

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

俺たちの若い頃はと青トマト

作者名 豆柴 回答数 : 3

投稿日時:

花冷えや先の見えない石畳

作者名 世良日守 回答数 : 0

投稿日時:

携帯に梅の花びら良き知らせ

作者名 和光 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『霜月や日の出の動くを日々眺む』 作者: 04422
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ