俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

梶棒や車軸折らむか山車祭り

作者 弥平  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

屋台の後方二本の梶棒を梶棒連の8名で担ぐ。
後輪を持ち上げ固まったふり、友のからかいで、
目覚めたかの後に、一気に山車を落とすのが勇壮。
この役割自体をも梶棒と呼ぶ、祭りの花形なり。

最新の添削

「梶棒や車軸折らむか山車祭り」の批評

回答者 腹井壮

嫌佐久さん、こんばんわ。いつも御世話になります。俳句は17音しかなないので二回も詠嘆するとしつこくなります。初心者向けの本に一句の中に切れ字を二つ以上使わないようにと書いてある理由の一つです。

梶棒や車軸折れたる山車祭り

をベースにして推敲してみてはいかがでしょうか。近い言葉が並び過ぎている気がします。

点数: 2

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

気がつけば首筋に満天の星

作者名 森本可南 回答数 : 3

投稿日時:

桜って白いよねって君の頬

作者名 なおじい 回答数 : 12

投稿日時:

珈琲でようやっと醒む花の雨

作者名 IZMIN 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『梶棒や車軸折らむか山車祭り』 作者: 弥平
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ