俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

梅雨迎え短い髪や坊主狩り

作者 胡 秋興  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

鬱陶しい梅雨がやっときましたが、髪が短くするかと思い、実は坊主した方がいい気持ちです〜ご指導ご添削お願い申し上げます🤲

最新の添削

「梅雨迎え短い髪や坊主狩り」の批評

回答者 ピンクよっちゃん

『坊主狩り』という印象的なフレーズが目にとまり、読ませていただきました。
この『坊主狩り』を字義通りに受け取れば、通称「坊主頭」と呼ばれる極端に髪の短い人たちを、あるいはやや蔑称的に「坊主」と呼ばれる僧侶たちを、捕らえてまわるか殺してまわるという事になり、それはそれで大変興味深い景ではあるのですが、句全体を見てもコメントを読んでも、そのような禍々しい行為に結びつくものは何もなく、これはもしかしたら単なる「坊主刈り」の書き間違いではないかしらんと思い至りました。
その前提で推敲案をいくつか提示させていただきます。

「梅雨に入り坊主頭の気持ち良し」
つゆにいりぼうずあたまのきもちよし

「入梅や短髪さらに坊主刈り」
にゅうばいやたんぱつさらにぼうずがり

「短髪を坊主刈りへの梅雨入かな」
たんぱつをぼうずがりへのついりかな

「短髪を坊主頭に刈る梅雨入」
たんぱつをぼうずあたまにかるついり

四句目は中七から下五への句またがりになります。
梅雨入(ついり)は俳句独特の言い方で日常では使われません。
推敲されるときの参考にしていただければ幸いです。
お名前とコメントから察するに外国の方でしょうか?もしそうであれば、日本語の習得とともに、俳句をおやりになるのは素晴らしい事だと思います。楽しみながら頑張って下さい。陰ながら応援させていただきます。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、ピンクよっちゃんさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

真つ暗の潮騒かけ足なる帰路

作者名 幸福来々 回答数 : 5

投稿日時:

中古車犇犇スモッグ濃き埠頭

作者名 げばげば 回答数 : 14

投稿日時:

冬晴れや青色の服着てもみる

作者名 藤井茂 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『梅雨迎え短い髪や坊主狩り』 作者: 胡 秋興
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ