俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

サメの口開いたペン立て秋深し

作者 卓鐘  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

今朝の俳句修行での一句。ちょっと見てない人にはわからない描写かもなぁ。

多作多捨(三十分十句チャレンジ)をしたいなとおもってもなかなかできなくて、ようやく最近成功しはじめ(いい句ができたといういみでなく、とりあえず作れた)てきたのでだれかの参考になればとシェア。

https://note.com/taksyoh/n/n141b12fb36b4

最新の添削

「サメの口開いたペン立て秋深し」の批評

回答者 ケント

こんにちは。
骨なき秋刀魚に感想ありがとうございました。
おっしゃる通りです。
そもそも、骨がなかったら泳ぐことも出来ませんね。
今でこそハラワタを含め食べれますが、子供の頃はこの小骨が大の苦手でした。最近でもやはりこの小骨が苦手な子供、いるんじゃないかなあ。と思う次第です。よろしく。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、ケントさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「サメの口開いたペン立て秋深し」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。敢えてこちらへ。
卓鐘様ぐらいなら研究してそうなネタをつぶやきますので、そのまんま読んでいてください。

「素人句会は危険」と言われるんですよ。
選・評が「出来の悪い句でも選されて高得点をとってしまい、佳句が評価されず、素人なのでその結果を鵜呑みにしてしまう」ので。

芸術はそういうところの多いジャンルで、わかるところでは絵画の世界は良く言われますよね。ゴッホ、ゴーギャン、モディリアーニは生前絵が売れず(=素人の金持ちに評価されていない)、ピカソ・ムンクなどの絵を解説なしで「良い」と思える素人がどれだけいるか?とか。
スポーツの世界もある程度そういうところがあります。素人が気づけないようなポジショニングなどの好プレーが。
娯楽作品であるマンガ・アニメですら、素人人気と「名作」は若干、異なるラインナップになるかと。ガンダムやエヴァの初回放送打ち切りが好例でしょう。

素人にもわかる佳句。俳句の技術を踏襲した「上手い句」でありながらそういう句を作るのは相当難題です。そもそも「取り合わせってなんやねん」てところからスタートですし。
作句を始めた素人の目線には「ダニング=クルーガー効果」もありますしね・・
私も素人の領域を脱しているわけではありませんので、謙虚にならねばなりませんね。

で、御句。
げば様の褒めコメントを待ってからコメントしようと思っていましたが、褒めないイサクがお先になってしまいました。

即吟チャレンジがんばってますね。
駄句っぽくても「あとで推敲できる」「形にならない句を諦められる」ので、私は多作派です。

リズムの三段切れ感、が気になりました。
頭を使って考えれば上五中七は繋がっていますし山本山でもないですが、直感的にひっかかかりました。
「サメの口の開いたペン立て秋深し」と上五字余りにするのが通例ですが、今度はちょっと冗長。

解消のためにはどこに手を加えようか・・というのを考えていましたが
「サメの口+ペン立て」があれば「開いた」がなくてもいいかも?というのは感じます。
「ペンを噛むサメのペン立て」
こうすると、また別の季語が合いそうになってきました。

・ペンを噛むサメのペン立て八月尽

即吟と推敲は別物なので、ひとまずこんなんでどうでしょうか?

点数: 3

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「サメの口開いたペン立て秋深し」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

サメの口のペン立があるのでね。ペン立てよりかはペン立てに刺さるペンに注目し、それがカラフルであれば季語との取り合わせも旨く行くのではと次のように。
”サメ口に赤と青ペン秋深し”

よろしくお願いします。

点数: 2

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「サメの口開いたペン立て秋深し」の批評

回答者 めでかや

句の評価:
★★★★★

卓鐘さん、こんにちは。
頑張ってらっしゃいますね。30分10句ですか。
一瞬やろうと思ったのですが、一瞬で終わりました。

何故かというと私は季語を知らなすぎますわ。
今、久しぶりに会社に来て
・飲みかけのペットボトルや
・コンビニの弁当くずや
・一人きり外したマスク
・のど飴とポテチがおやつ
・散らかりし書類の山に
・休出の広き事務所や
・着信ありの赤ランプ
・休み明け未読メールに
・ブラインド半分開けて
・冷房の設定20℃(季語が入っちゃった)
季語ナシなら何とかなりそうですが、これに合う季語を探すとなると
たいへんですね。
季語ナシなら10分10個出来そうですけれど。
ここからが重労働であるし俳筋力のアップに繋がるのでしょうね。
では、仕事に戻ります。
今後ともよろしくお願い致します。

点数: 1

添削のお礼として、めでかやさんの俳句の感想を書いてください >>

「サメの口開いたペン立て秋深し」の批評

回答者 ケント

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
陶器の鮫のコップ見ました。
いいコップですね。それをペン差しに。グッドアイデアです。
朝の10句の舞台裏を拝見しました。とても良いトレーニング方だと思います。私には真似出来そうにありませんが。(笑)
掲句もその中のひとつ。鮫は冬の季語にありますが、ペン立てだから良しとして。底が深いから、秋深し!面白い!さらに鮫の大きいものを鱶(フカ)と言いますね。深、深、フカ。
感想にもなりませんでしたが、舞台裏、楽しかったです。
私も一句。
キバむいてペン喰う鮫や秋深し
これだと季重なりになってしまいますか?
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、ケントさんの俳句の感想を書いてください >>

「サメの口開いたペン立て秋深し」の批評

回答者 秋恵

句の評価:
★★★★★

卓鐘様
おはよーございます!
適切な添削を有り難うございます。
仰る事はよく分かりますが
まだ勉強中ですね、
それと、
初心者が読んでも何となくでも
意味の分かる句を願っています。
(あっ、卓鐘さんの句の事ではありませんので…)
まだこれから勉強したら
理解出来るようになるのでしょうか?
それと初心者としては
〈説明〉の箇所に少しでも
分かり易いヒントを書いておいて頂けると有難いナ、と思いますが、
又のご指導をよろしくお願いしまーす。m(__)m

点数: 1

添削のお礼として、秋恵さんの俳句の感想を書いてください >>

「サメの口開いたペン立て秋深し」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも的確なコメントありがとうございます💫

さて、出遅れました。なかなか面白い句材に目がいきますね!秋深しと感じる感性も好きです。
イサクさんの、ペンを噛む、の八月尽、もいいなあ。

イサクさんのいう素人句会、痛感しますね。点数はまあおまけ程度に見ながら、感触を見て低得点でも勉強になるときもありますね。
高得点もらっても駄目句なときや、低得点でも、投句でどんと特選もらえるときや。
みなさんがどう感じるか選評をもらえるのはありがたいですけどね、とくにダメ出しありの句会はありがたい。

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「サメの口開いたペン立て秋深し」の批評

回答者 ちゃあき

句の評価:
★★★★★

こんにちは。卓章さん、秋刀魚の拙句へご意見ありがとうございました。
げばさんにも指摘されましたが、誤解を招く句になってしまいましたね。反省・・・

御句。何かすごいチャレンジをされてますね。真似はしません出来ません。(笑)
印象に残る句だと思います。ジョーズのポスターを思い出しました。それで夏の季語になってしまいますが、夏終る ではだめでしょうか? あ、でも鮫は冬でした。
そうそう添削では季語は尊重しないといけないと、どこかで読みましたので、やっぱりこのまま頂きます。
またよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

「サメの口開いたペン立て秋深し」の批評

回答者 秋恵

句の評価:
★★★★★

卓鐘様
コメント有り難うございます!
卓鐘さんでも読んで分からない句があるのですね!
全部理解してらっしゃるのかと
思ってました。
それと私は〈取り合わせ〉が
上手く出来なくて悩んでいます。
ついつい自分の感情だけが句に入ってしまって、、😵
間もなく入門書が届くので
それを読んで勉強しようと思っていますが…・
又、何かありましたら
よろしくお願い致しまーす!

点数: 1

添削のお礼として、秋恵さんの俳句の感想を書いてください >>

「サメの口開いたペン立て秋深し」の批評

回答者 やまの はるか

句の評価:
★★★★★

おはようございます。いつもお世話になります。
古ソファーの句へのコメント、添削ありがとうございました。ケント様にもご指摘頂きましたが、片尻なる造語?が 今ひとつ いや 今三つでした。
時間経過的 説明の 「に」は 分かりました。どうも 私、癖みたいなので 気を付けたいと思います。ありがとうございました。

点数: 0

添削のお礼として、やまの はるかさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

暖かや褒美の竜頭巻く昼間

作者名 鬼胡桃 回答数 : 3

投稿日時:

おんあぼぎや日落つるなか月昇る

作者名 負乗 回答数 : 2

投稿日時:

遠目にも目立ち咲きたる女郎花

作者名 素一 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『サメの口開いたペン立て秋深し』 作者: 卓鐘
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ