俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

生き残る丙種の父の終戦日

作者 中村あつこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

 実体験の記憶はありませんが、伝えていかなければと。
 父は兵隊検査で心臓弁膜症とかで丙種でした。その頃は非国民扱いで辛かったそうですが、軍需工場で働いたそうです。
 賢くて、元気で、優秀な友人は皆戦死して、生き残ったのは自分だけだと、話してました。
 おかげで、今私が居るんですね。

最新の添削

「生き残る丙種の父の終戦日」の批評

回答者 なおじい

中村あつこさん、こんにちは。
御句拝読しました。8月になりますと、こういう句が多くなり、日本というか、私たちの背負っていることの重さを強く感じますね。

さて御句ですが、私もげばさんと同様、初読で、「生き残る」ではなくて、終戦日のお父様のご様子を描くことでご存命であるという意味にならないだろうかと考えました。そこで、
「テレビで戦没者慰霊式典を見る」
「戦友のお墓参りに行く」「黙祷する」「正座」「念仏を唱える」などというようなワードが出てきて、これらから選んでご提案しようと思いました。

そこで皆さんのコメントを拝見。そうしたらげばさんが「庭いじり」と。
負けました。

なぜこんなに、作者の、いや作者のお父様の心境まて読めるのでしょう。
すみません、げばさんのご提案句に一票です。
また、オレはボンだと痛感しました。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「生き残る丙種の父の終戦日」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句、上五が少し説明感が出ているかもしれません。父が何かをやっている光景はいかがでしょう。

終戦日丙種の父の庭いじり

丙種は句の主眼のようには思いますので、そのままの方がいいですよね。お父様の句として残される方がよいですからね。
句としては、父が生き残っている終戦日で十分伝わってきています。

庭いじる父よ八月十五日

点数: 3

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

窯の裏風音こもる居待月

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

ターレーの参勤明けて鰯雲

作者名 いなだはまち 回答数 : 1

投稿日時:

友のもと行く道に咲く白き梅

作者名 翔子 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『生き残る丙種の父の終戦日』 作者: 中村あつこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ