俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

雪片やきょねんの雨を蔵しこと

作者 世良日守  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

きょねんと詠んでかつ、の雨で季語力を弱められたかなぁと思います😆季重なりです。

最新の添削

「雪片やきょねんの雨を蔵しこと」の批評

回答者 ねぎみそ

世良日守様、こんばんは。
「不在の気」の句にコメントを有難うございます。
添削頂いた 「薄れゆく君の気配や冬凛々」 良いですね。不在の気が満ちると言い換えて工夫をしたつもりだったのですが、この形の方がすっと落ち着いているかもしれません。参考になりました。有難うございます。

世良日守様の「雪片や〜」の句ですが、去年の雨が循環して今年の雪になって降っているということだと思うのですが、年をまたいだ時間の流れがあって素敵な句だと感じました。とても印象に残っています。

点数: 1

添削のお礼として、ねぎみそさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「雪片やきょねんの雨を蔵しこと」の批評

回答者 04422

世良様こんばんは!いつもコメントありがとうございます。季語力を弱めるということはどういう意味でしょうか?俳句に於いては季語が一番大切な事と思いますが如何でしょうか?

点数: 1

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

「雪片やきょねんの雨を蔵しこと」の批評

回答者 北あかり

世良日守さん
こんばんは、北あかりです。
私の読み解く力の無さを痛感してます。
去年の雨を蔵するとは、去年の雨を蓄えた「貯水池」というようにしか、解釈できませんでした。
ばかなコメントで申し訳ありません。
私はもっと勉強しなきゃいけませんね。

点数: 1

添削のお礼として、北あかりさんの俳句の感想を書いてください >>

「雪片やきょねんの雨を蔵しこと」の批評

回答者 いなだはまち

唯我独善です。いつも添削、コメントありがとうございます。🙇
「蔵しこと」は、使ったことのない表現ですので、できれば解説をお願いします。🙇

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

花過ぎて現場職員解散す

作者名 エイジちゃん 回答数 : 5

投稿日時:

ぽつくりの朱き鼻緒や京の冬

作者名 げばげば 回答数 : 9

投稿日時:

朝露と駒姫が祈り透き通る

作者名 白南風 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『雪片やきょねんの雨を蔵しこと』 作者: 世良日守
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ