俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

お隣の朝の挨拶蝉の声

作者 こま爺  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

前のが入力ミスです。

最新の添削

「お隣の朝の挨拶蝉の声」の批評

回答者 卓鐘

こんにちわ

コメントありがとうございます。アイラブニューヨークに、そんな歴史的背景があったとは全く知りませんでした!調べで、勉強になりました!
恥ずかしいながら単なるポップなロゴくらいにしか思ってなく、夏の気分だけで取り合わせてました。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「お隣の朝の挨拶蝉の声」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こま爺さん、こんにちは。
私の御句に対するコメントが、何か誤解されていると言うか、正しく伝わっていないようですので再訪しました。

掲句のご自身のコメントは「お隣の庭から聞こえてくる蝉の声がお早うと挨拶しているようです」とのことでした。

私は、それに対して、「そうとも読めるが、『隣の家の人と朝の挨拶をしているときに蝉の声がした』という句にも取れる。もし、作者の思い(コメント)の通りに取ってもらうのであれば、こんなのはどうか」、と提案句を置かせていただきました。

それに対するこま爺さんのご返事が、「俳句は何もかも正直に伝える必要はないと考えている」とのことでした。

これはおかしくないですか?私でも、いや、おそらくどなたでも、俳句は何もかも正直に伝える必要はないと思っているのではないでしょうか?だって、調書でも申請書でもない、文芸ですから。

私がお伝えしたかったのは、「こま爺さんの句はふた通りに取れる。取り方は読み手に任されているから別にいいけど、もしご自分の思った通りに読まれたほうがいいのであれば、こういう言い方はどうだろう」という提案をさせていただいたので、何も、「俳句は何もかも正直に伝えなくてはなりませんよ」などとは全く言っておりません。

私は、俳句の受け取り方は読み手の自由で、そこに面白さがあるのだと思っています。作者の思いとまるで違う受け取り方をされても、それもまた発見でしょう。ただ、私は同時に、できれば自分の思いをそのまま受け取ってもらうほうがうれしいと思っていますので、先のようなご提案になりました。

どうか今後ともよろしくお願いします。

点数: 2

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「お隣の朝の挨拶蝉の声」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こま爺さん、こんにちは。
御句拝読しました。
コメントでは、蝉の声が朝の挨拶に聞こえる、とのことですよね。
それは面白いのですが、掲句ですと、お隣の方と普通にご挨拶をして、その際に蝉の声がしていた、ああ夏だなぁ、というふうにも読めます。
これはこれで全然いいのだと思います。読み手の想像ですから。
しかし、こま爺さんの思いの通りにということでしたら、次のようなのはいかがでしょうか。

・隣家よりおはようと鳴く蝉の声

「朝の挨拶」は「おはよう」と。また、「鳴く」は言わずもがなですが、取り急ぎですのでご容赦ください。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「お隣の朝の挨拶蝉の声」の批評

回答者 中村あつこ

句の評価:
★★★★★

 こんにちは。
今日も朝から蝉の声が激しいです。

 拙句帰省時のご添削ありがとうございました。
 ちゃんとしてと文句言われてる姿より、自らお洒落してる方が良いですよね。
 少し反省します。

点数: 1

添削のお礼として、中村あつこさんの俳句の感想を書いてください >>

「お隣の朝の挨拶蝉の声」の批評

回答者 葉月庵郁斗

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
負乗様もおっしゃってます蝉時雨で。
ごとく俳句はあまり好きではありませんが
意味は通じるかもです。

蝉時雨朝の朝の挨拶するごとく

点数: 1

添削のお礼として、葉月庵郁斗さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

月涼し神の御顔か輝いて

作者名 友也 回答数 : 0

投稿日時:

炎天下チャラ男の押せる車椅子

作者名 なおじい 回答数 : 16

投稿日時:

古井戸の織部の滑車花は葉に

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『お隣の朝の挨拶蝉の声』 作者: こま爺
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ