俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

川わたる吾を引く力昼寝覚

作者 感じ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

子ども頃、こんな番組よくやってました。
よろしくお願いします、

最新の添削

「川わたる吾を引く力昼寝覚」の批評

回答者 やまの はるか

おはようございます 蝉がうるさいです😆
やはり、切れ二つはダメでしたね それもありますが、も、は、で、に の使い方のニュアンスが 難しい。烏も?誰と? は分かった気がします。ありがとうございます。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、やまの はるかさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「川わたる吾を引く力昼寝覚」の批評

回答者 ちゃあき

句の評価:
★★★★★

おはようございます。
僕の職場のAさんは、子供の頃に死にかけて三途の川を渡る途中で呼び戻されたことがあるそうです。ただの夢とは違うリアリティーがあったと言っていました。
Aさんは、今でも死後の世界を確信しています。僕もですが・・・

・昼 寝 覚 め 三 途 の 川 を 渡 り か け

点数: 3

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

「川わたる吾を引く力昼寝覚」の批評

回答者 ちゃあき

句の評価:
★★★★★

こんばんは。
ここで議論する気はありませんが、完全に誤解されているので・・・
「私」が消滅すれば「全て」消滅するということを言ったのではありません。
物質宇宙が誕生する以前から認識の主体としての高次な生命エネルギー体は存在していたということを言いたかったのです。
簡単に言えば神様が森羅万象を創造したということです。
それではまたよろしくお願いいたします。

点数: 3

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

「川わたる吾を引く力昼寝覚」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

感じさん、こんにちは。
御句拝読しました。
初読とご自身のコメントからは、何か、川下りとかアドベンチャーのような冒険の夢を見ていて目覚めた、という句かと思いました。

他の方々のコメントを拝読しましたら考えは一変、どうやらこれは三途の川?
子供の頃、そんなテレビやってました?

しかし良かったですね、何かが引き留めてくれたのですね。それがなかったら、昼寝中にあの世へ?でもそれも幸せかも(笑)。

点数: 3

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「川わたる吾を引く力昼寝覚」の批評

回答者 くまた

句の評価:
★★★★★

感じさん、おはようございます。
お世話になります。
蝶の句の添削ありがとうございました。
実景です。ただ、暗い地下道とは違うんです。
ほんとは明るい地下道。人の流れも多いです。そこにどうやって入ってきたのか白いモンシロチョウが。
コメントに書いたようにほんとはジタバタ感でした。
ありがとうございました。

御句
番組は記憶にないですが、昼寝から目覚める時のあの現実に戻される感じですかね。

また、よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、くまたさんの俳句の感想を書いてください >>

「川わたる吾を引く力昼寝覚」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

今晩は。

吾を引く力が重苦しいです。俳句は一人称なのて吾は不要です。俳句はリズムを大変切に。力が働いているという理由は言わずもがな。ただ結果として軽いことをそのまま言えばいいのでは。
「川渡る軽きことかな昼寝覚」

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「川わたる吾を引く力昼寝覚」の批評

回答者 コウ

句の評価:
★★★★★

感じ様

いつも有難うございます。
「流れ星」の句にご意見有難うございました。頭にあったのは正に「ゆく河の流れは絶えずして」でした。
儚いから大切にしたい読み取って頂き有難うございました。
「泡沫」「流星」同じですね!
「尊し」確かにベタです。
ここはどうにかしたいところです。
情景の無い句ほど難しいです。

御句、拝読させて頂きました。
川にに吸い込まれそうになりビックリして
昼寝から覚めてという句でしょうか。
私も昨夜はいろいろな夢を見ていた気がします。
ところで俳句ポスト感じ様はこれからですよね。楽しみです。
私は並選に名前が有りホッとしました😅

また、よろしくお願い致します。

点数: 1

添削のお礼として、コウさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

二の音の六つ続くや風生忌

作者名 かぬまっこ 回答数 : 11

投稿日時:

冷めてゆくサウナの火照り春の星

作者名 回答数 : 3

投稿日時:

陶匠の眉のきりりと秋の雷

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『川わたる吾を引く力昼寝覚』 作者: 感じ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ