俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

飯場まで弁当持てり白日傘

作者 葉月庵郁斗  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

持てりが正しいのか自信はありません…
よろしくお願いします。

最新の添削

「飯場まで弁当持てり白日傘」の批評

回答者 卓鐘

栗の花へのコメントありがとうございました!共感もありがとうございます!音数を使っているわりにはその不快感が伝わらないはそう思いました。そして痛さとニオイの印象だけでそれ以上の奥行きのない句になってましたね。今は自戒し納得しています。

さて、御句
白日傘の妻が弁当をもって男臭いところにやってくる。結構類想どまんなかかもしれません。というのも、何を隠そう、全く同じ発想でお題みて最初に読もうとしてましたので笑
どこかでこの感じみたなとおもったら郁さんの句でした😆まぁつまり共感性の高いということではあるのですけどね。
あと飯場はやはり気になりますね。弁当との近さで説明ぽくなっているように思います。

提案句おもいつがずすみません。何かおもいついたらまた。

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「飯場まで弁当持てり白日傘」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

葉月庵郁斗さん、こんにちは。
御句拝読しました。これはいい句ですね。こういう、夫婦の深い情愛を、ほのかにそれとなく詠んだ句は好きです。

飯場という語が効いていますね。仕事の内容から男性の風貌、性格、果ては年まわりまで浮かんできます。それと同時に、日傘をさしてお弁当を届けにきた女性の雰囲気も浮かびました。飯場というくらいですから、決して裕福ではない。しかし固い絆で結ばれているご夫婦のように思いました。
いま私は、ある二人の俳優さんをそこに配しています。セリフも用意しました。監督になった気分です。有難うございます。

当然このままいただきます。

点数: 3

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「飯場まで弁当持てり白日傘」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

葉月庵郁斗さん!こんにちは!
いつもお世話になっております。
「り」完了の助動詞 四段活用の已然形に接続
持つの已然形は持てですか「持てり」は正しいかと思います。
白日傘の妙齢なご婦人がお弁当を持ってきた。
飯場と白日傘の対比が良いと思います。
このままいただきます。

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

「飯場まで弁当持てり白日傘」の批評

回答者 めいしゅうの妻

句の評価:
★★★★★

葉月庵さんへ
こんにちは。
御句、工事現場に、ご主人の昼の弁当を届ける優しい白日傘の奥さん。と読みました。
その時の、内心嬉しいのにみんなの手前ぶっきらぼうなご主人の顔までが浮かんできました。情深い句だと思います。
深読みし過ぎですかね。
こう言う光景を葉月庵さんは、どうして浮かぶのですか?
経験からですか?
飯場? ふむっ、現場へと でいいのではと思いました。
よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、めいしゅうの妻さんの俳句の感想を書いてください >>

「飯場まで弁当持てり白日傘」の批評

回答者 感じ

句の評価:
★★★★★

こんばんは🌇お世話になります。
「り、は、さみしい」です。
さみ→サ変の未然
しい→四段の已然
に接続します。
「持つ」は、四段で、已然は「持て」
ですから、「持てり」であっていると思います。
ただ、終止形ですね。ここで、切った、のですね。
奥様が暑い中、日傘さして、弁当もって来てくれたのでしょう。
良い句だと思います。
できましたら、拙句へのコメントよろしくお願いします。m(_ _)m
よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、感じさんの俳句の感想を書いてください >>

「飯場まで弁当持てり白日傘」の批評

回答者 めいしゅうの妻

句の評価:
★★★★★

葉月庵さんへ
再訪です。
天の川句に、素敵な提案句有難うございました。その通り、今でも部屋中(狭いですが・・・)に亡くなった愛犬の写真を飾っております。<共に歩む>そのものです。
有難うございました。

点数: 1

添削のお礼として、めいしゅうの妻さんの俳句の感想を書いてください >>

「飯場まで弁当持てり白日傘」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

葉月庵郁斗さん!こんにちは!
花氷のコメントありがとうございます。
OB会の課題です。
参考にさせていただきます。
ありがとうございました。

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

「飯場まで弁当持てり白日傘」の批評

回答者 めいしゅうの妻

句の評価:
★★★★★

葉月庵さんへ
大嫌いな人間。甘んじてお受けします。
弁解はいたしません。
ことのいきさつは、卓鐘さんへのコメントを読んで下さい。
よろしくお願いします。

点数: 0

添削のお礼として、めいしゅうの妻さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

セブンティーンアイスの棒を噛じる帰路

作者名 根津C太 回答数 : 1

投稿日時:

添削ありがとうございます

作者名 みん 回答数 : 0

投稿日時:

花冷えや北に悪漢無頼吠え

作者名 こま爺 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『飯場まで弁当持てり白日傘』 作者: 葉月庵郁斗
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ