俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

白シャツの背中に透ける鬼の顔

作者 葉月庵郁斗  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

怖くてお顔は見てないのですが(笑)
髪型は今風の爽やかな感じの人でした。

最新の添削

「白シャツの背中に透ける鬼の顔」の批評

回答者 めいしゅうの妻

葉月庵さんへ
こんばんは。
見ようと思って見た訳ではないが、見えてしまったのですよね。(笑)
実際は、鬼の絵では無かったかもですが、鬼としたところが面白いと思いました。でもどうしても<透ける>に明らかな男性目線を感じてしまいますね。
白シャツの腕から覗く紋々や で無くて良かったですね。
感想だけで失礼します。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、めいしゅうの妻さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「白シャツの背中に透ける鬼の顔」の批評

回答者 春野ぷりん

句の評価:
★★★★★

こんばんは😊葉月庵郁斗さん
私がこちらに来たばかりの今年の冬の頃から、何度か葉月さんからコメントを頂いたことがありました😊(今の俳号に変える前かな?)
これからまたお世話になります🙇‍♀️
全然そんな、私の方こそ間違えて句を載せてしまいました。全然、葉月さんは悪くないです。
佐渡さんも問題ないですよ。と言ってくださいましたので、大丈夫だと思います🙏
私はまだまだ初心者なので、こちらで勉強させて頂き感謝しています。
これからもどうぞよろしくお願い致します😊

点数: 2

添削のお礼として、春野ぷりんさんの俳句の感想を書いてください >>

「白シャツの背中に透ける鬼の顔」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

葉月庵郁斗さん!こんばんは!
いつもお世話になっております。
昔は銭湯にいくといましたよ。(背中の般若)
我が家の近くの銭湯に見かけました。
このままいただきます。

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

「白シャツの背中に透ける鬼の顔」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★
★★

葉月庵郁斗さん、こんにちは。
御句拝読しました。

原句、おどろおどろしい感じで面白いのですが、原句では、読み終わったあとに季語の白シャツが消え失せて、鬼の顔だけが残っているような気がします。それでもいいのだと言われれば、見事に目的を達成していますが、私はやはり、「季語を主役に」というこの方針でいきたいです。

・鬼の顔隠しおおせぬ白いシャツ
・鬼の顔窺い知れる白いシャツ

こうしたのを提案句として考えましたが困った問題が。「白シャツ」は季語ですが、どこにも「白いシャツ」とは書いていないのです。
さらにアロハシャツとかにすれば音数は合いますが、句意が変わってきてしまいますね。そこで悩んで結論出ずです。すみません。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

湯畑や東風に吹かれて湯気の来る

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

夏の月感情線のながきひと

作者名 げばげば 回答数 : 5

投稿日時:

ゆっくりと雲流れをり夏惜しむ

作者名 葉月庵郁斗 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『白シャツの背中に透ける鬼の顔』 作者: 葉月庵郁斗
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ