俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

沢の音に耳を澄まして蛍かな

作者 もんこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

蛍に再チャレンジです。
家から30分くらい車を走らせたところの沢(うふわが沢)で蛍が見られます。
暗い中、沢の音を頼りに歩きます。蛍に出会うワクワク感が伝わりますでしょうか?
宜しくお願い致します。

最新の添削

「沢の音に耳を澄まして蛍かな」の批評

回答者 めいしゅうの妻

もんなさんへ
こんにちは。いつも有難うございます。
返信コメントと拙句、水中眼鏡句にコメント有難うございました。
そうなんです。水中眼鏡で花を見ているのは、孫ではなく私でした。
眼鏡が雲って、残念ながら濁った水中花に成りました。
再度御句ですが、耳を澄まさなければならないほどの、微かなサラサラとした小川が想像できます。ですからここは当然沢の音(ね)ですね。
またよろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、めいしゅうの妻さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「沢の音に耳を澄まして蛍かな」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

もんなさん、こんにちは。
御句拝読しました。いつも素敵な句を有難うございます。
御句、私はちょっと違う視点からコメントさせていただきます。
もんなさん、上五の読みがなは 「さわのねに」ですか?それとも一音字余りにして「さわのおとに」ですか?
「音」を「おと」と読ませるか「ね」と読ませるかは決まりがあります。ただその決まりの境界線がはっきりしていないところが悩ましいです。
もうご存知であれば申し訳ありません、自分の整理のために置かせてください。
「おと」はとにかく音全般。比較的大きな音。「ね」は優しげ、情緒的な、割と静かな気持ちのいい音。代表例が虫の鳴き声、笛の音。

滝は音(おと)のようです。ゴーゴーとすごいですから。では「沢」は?ですが、これがなんとも言えないのです。沢は場所により表情を変えますからね。

長くなってきましたのでまとめに入りますが、もんなさんはおそらく上記のようなことはおわかりの上でお詠みだと思いますのでそれで全然いいと思います。
私にとっては、この沢の音が豪快でも繊細でも、どちらでも良い鑑賞ができますから!
お騒がせしました。

点数: 2

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「沢の音に耳を澄まして蛍かな」の批評

回答者 めいしゅうの妻

句の評価:
★★★★★

もんなさんへ
おはようございます。いつも有難うございます。
御句、拝読していっきに涼しくなりましたよ。
句意コメントを読まなくても充分伝わりましたです。
蛍は普通で言えば、見る のところを、耳を持ってこられたのが私は
良かったと思います。
よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、めいしゅうの妻さんの俳句の感想を書いてください >>

「沢の音に耳を澄まして蛍かな」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

もんなさん!こんにちは!
いつもお世話になっております
ほたるですか。良いですね。
提案句です。
・せせらぎの凝らすまなこへ蛍かな
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

「沢の音に耳を澄まして蛍かな」の批評

回答者 感じ

句の評価:
★★★★★

こんにちは😃
では、私は「蛍狩り」で。
・蛍狩り待てば緑光二つ三つ
(「闇」は使いたくありませんでした、くどくなるので。待てば、が説明的かも。緑光、熟した言葉ではないでしょうが、あえてです。)
それはさておき、俳句ポスト入選されてましたね。
あの取り合わせ、かなり良いと思いました。
お手すきのさい、自解してもらったらとおもいます。
私の、一押しの句はつぎでした
・食パンに麦秋挟みて頬ばりぬ
やはり、季語は食べたらいけないみたいです^_^
・食パンに麦秋塗りて頬ばりぬ
がよかったかな。季語が見えているし、、^_^
よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、感じさんの俳句の感想を書いてください >>

「沢の音に耳を澄まして蛍かな」の批評

回答者 感じ

句の評価:
★★★★★

再訪です。
御句のコメントです。
「見る」のてはなく「聞く」ところが良いと思います。
ただ、「耳を澄まして」のあたりに、何か聞こうとする積極性があります。
〜ば、の「偶然条件」=〜すれば、たまたま、にすれば良いと思います。
・沢の音に耳を澄ませば蛍かな
よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、感じさんの俳句の感想を書いてください >>

「沢の音に耳を澄まして蛍かな」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

おはようございます。
御句、主役脇役あるいは主題の問題について少し勉強させて下さい。

①沢の音、②耳を澄ませる、③蛍のいずれを主題とするか。

ケース1:②耳を澄ませるを主題に。
”暗闇に澄ませる耳や蛍狩り
暗闇で何かを頼りに生きる自分と、蛍狩りとの取り合わせです。

ケース2:③蛍を主役に。
”暗闇に沢をたどりて蛍かな
暗闇で蛍を見つけたよとの感動。

ケース3:①沢の音を主役に。
”沢の音や蛍の光を案内せり
沢は、蛍に導く頼もしい助っ人であることよ。

俳句の主役を何にするか、私はつい忘れがです。勉強させてもらいました。今後ともよろしく。

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「沢の音に耳を澄まして蛍かな」の批評

回答者 感じ

句の評価:
★★★★★

おはようございます😃お世話になります。
俳句ポスト、云々の件、失礼しました。
きっと、暑さでぼーっとしていたのでしょう。
以後気をつけます。🙏
・蛍狩り緑光一つ三つ百
(いきなり、蛍が現れました〜^_^)
よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、感じさんの俳句の感想を書いてください >>

「沢の音に耳を澄まして蛍かな」の批評

回答者 感じ

句の評価:
★★★★★

おはようございます😃お世話になります。
俳句ポスト、云々の件、失礼しました。
きっと、暑さでぼーっとしていたのでしょう。
以後気をつけます。🙏
・蛍狩り緑光一つ三つ百
(いきなり、蛍が現れました〜^_^)
よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、感じさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

ひまわりや君待つ木陰に日はさして

作者名 有馬賢優 回答数 : 2

投稿日時:

淡雪が降ったあとには冬の月

作者名 翔子 回答数 : 2

投稿日時:

この深夜月下美人に寝そぶれて

作者名 久田しげき 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『沢の音に耳を澄まして蛍かな』 作者: もんこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ