俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

怪しげに何を占う梅雨の月

作者 松本まゆみ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

初心者なので、良いか悪いかがわからないと成長できないので、添削して頂けたら嬉しいです。

最新の添削

「怪しげに何を占う梅雨の月」の批評

回答者 なおじい

松本まゆみさん、こんにちは。初めまして。
つかぬことをお伺いしますが、「松本ひとみ」さんはご存知ではないですかね?今月になって当道場にいらっしゃった方ですが、お名前が似ているのでまさかお知り合いとか?と思いまして…。全然関係なければご放念ください。

さて御句しました。悪くないと思います。初心者さんとのことですが、五七五の音律を守り、季語一つ。
いいムードの句だと思います。

強いて言えば、「怪しげに」とのことですが、何をもって怪しげと思ったのか? 第三者のことを怪しげと言うには、それなりの根拠がないと。例えば誰かが、私のことを「怪しげなおじさん」と言ったら、私は面白くなくて、何で?と聞くでしょう。
こういう主観を廃して見た目を詠むというのもありだと思いました。
・雲間より何を占ふ梅雨の月

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

憂き人の吐息湿るや青時雨

作者名 さつき 回答数 : 1

投稿日時:

かなかなや轆轤ゆるりと鶴首を

作者名 久田しげき 回答数 : 4

投稿日時:

顔洗う鏡の中の雪女郎

作者名 和光 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『怪しげに何を占う梅雨の月』 作者: 松本まゆみ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ