俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

紫陽花の揺れて湿りし肌に風

作者 コウ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

いつもお世話になります。

蒸し暑い一日でしたが
仕事から帰り庭からの
夕方の風は気持ち良かったです。

宜しくお願いします。

最新の添削

「紫陽花の揺れて湿りし肌に風」の批評

回答者 佐渡

コウさん!おはようございます。
いつもお世話になっております。
泉のコメントありがとうございます。
とどめなく
終わりがないという意味で湧水がつぎから次と湧き出る様です。
「かぎりなく」の方が分かりやすのかな?

水は万物の命のもということです。
よろしくお願いいたします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「紫陽花の揺れて湿りし肌に風」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

句としては「紫陽花の揺れて」「湿りし肌に風」という句またがりですかね?

大きくふたつあります。
◆「揺れて」と「風」は因果を含んでますよねきっと?「風が吹いたから揺れた」という理由の後出しのように受け取りました。
 この使い方の「揺れる」は凡人ワード的な、いわゆる安直な使い方なので、「揺れる」ではない方がいいと思います。
◆「湿りし」・・今湿っている、という意味で使っているのだと思いますが、「し」は過去の助動詞の連体形。「湿りし」ですと過去の「湿ってしまった」という意味が強く出ると思います。
 現代語では「湿った肌」という言い回しで現在の意味にもなりますが、本来は「湿っている肌」という意味なので、「し(終止形は「き」)」の助動詞はあくまで過去の助動詞ですから、ここでは避けた方がよいと思います。

 文語の助動詞を使うなら完了の「ぬ」、存続の「たり」、完了存続の「り」などなどが意味としてはよいでしょうか?意味が整えば、あとはリズムが優先です。

◆そしてもう一点。これはこのままでは解消できないのですが、
 「紫陽花」+「湿る肌」で雨が降っていると解釈できてしまうのですが・・そこへ「風」なので、気持ち良い風ではなく「さらに湿度の高い濡れてしまうような風」と思ってしまいました。
 コメントによれば、表現しようとしているのが「汗で湿る」という別の季語なので、なかなか難しい問題です。

・湿りたる肌へ紫陽花よりの風

点数: 3

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「紫陽花の揺れて湿りし肌に風」の批評

回答者 感じ

句の評価:
★★★★★

こんばんは🌆お世話になります。
さて、御句。
中七「揺れて湿りし」
「揺れて」の主語は、の、があるので、紫陽花。
「湿りし」は、連体形で、肌、にかかるので、その主体は、「肌」
となり、「揺れて」と「湿りし」が分断されて、率直に、違和感を感じました。
仮にそれはおくとしても、俳句の読みの半分は読み手としても、なんで「湿る」か読みがとまりました。「紫陽花」が濡れていたのか?この、梅雨時、のせいなのか、、
あと、措辞、を大幅に入れかえねばなりませんが、
「風」ではなく、「夕風」または「夕の風」としたいと思いました。私にはその技量がなくて、、
今回は、感想のみとなりました。
よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、感じさんの俳句の感想を書いてください >>

「紫陽花の揺れて湿りし肌に風」の批評

回答者 めいしゅうの妻

句の評価:
★★★★★

コウさんへ
こんばんは。はじましてですね。めいしゅうと言います。
いつも勉強させていただいております。
御句、感じさんのコメント通りだと思いますので、紫陽花やで一度切って
揺れてを省いて、感じさん提案の夕の風とすれば、とりあえずは整うと思いました。
紫陽花や湿りし肌に夕の風
よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、めいしゅうの妻さんの俳句の感想を書いてください >>

「紫陽花の揺れて湿りし肌に風」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

コウさん!おはようございます。
いつもお世話になっております。
御句
イサクさんへ一票です。
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

リビングに式部の光り恵方とす

作者名 こま爺 回答数 : 5

投稿日時:

ぎゅむぎゅむと吾子の丸みの栗きんとん

作者名 たけたけ 回答数 : 2

投稿日時:

秋深し黴びた晶甫の看板

作者名 森本可南 回答数 : 9

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『紫陽花の揺れて湿りし肌に風』 作者: コウ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ