俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

四葩越しピアノの稽古キラキラ星

作者 中村あつこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

 四葩という措辞を使ってみたくて〜です。
 紫陽花の咲いてる家から、幼い子供が稽古してるらしいピアノの音が聞こえます。

最新の添削

「四葩越しピアノの稽古キラキラ星」の批評

回答者 負乗

中村あつこ様、こんばんは🙂

批評についてはイサク氏の、提案句はげばげば氏に一票です😉
提案句という訳ではないですが、私もひとつ。
「キラキラ星」が、私的には、チャラチャラ感があるかなと感じたので、
「四葩越しのピアノの音や星光る」
「四葩越しのピアノの音や雲に星」
とか…

また宜しくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「四葩越しピアノの稽古キラキラ星」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。いいですね、聞こえてくるのがキラキラ星というのが、また年齢とか上手くなさとかもわかるピアノ。ノスタルジー。

上五越し、が少し説明したい感じと舞台装置感がするので、四葩の窓とかどうですか?

キラキラぼし四葩の窓のピアノかな

点数: 4

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「四葩越しピアノの稽古キラキラ星」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんにちは。ご挨拶ありがとうございました。
あつこん様のことは気に留めておりました。
あらためてあつこ様、よろしくお願いします。

さて気になったのは
◆三段切れ感
◆【越し】【稽古】の説明が強い
この二点が大きいです。
三段切れ感については、どの言葉とどの言葉がつながっているか、をご自身で決めるとよい気がします。
あと、この句は他所の家の話ですよね?とすると「稽古」というのは説明しすぎだと思います。

【字余りさせるなら上五がいい】というテクニック論がありまして、「キラキラ星」を上五にもってきて(げばげば様もそのつもりで、上五に「キラキラ星」にしていると思います)

コメントそのままで、紫陽花の庭の風景に収束させます。

・キラキラ星ピアノの家の四葩かな

点数: 2

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「四葩越しピアノの稽古キラキラ星」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

中村あつこさん!こんにちは!
いつもお世話になっております。
御句
げばげばさんに一票です。
あれこれ考えているうちげばげばさんの素晴らしい添削
さすがです。

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

「四葩越しピアノの稽古キラキラ星」の批評

回答者 めでかや

句の評価:
★★★★★

中村さん、蜘蛛の脚へのコメントありがとうございます。
終活を詠んだつもりで良いかと思いましたが、俳句は一人称ですので
私が『蜘蛛の脚を畳んで終わりにしてやった』と解釈されちゃいますよね。
失敗です(^^;)。

さて御句、紫陽花ときらきら星の取り合わせ、見事と思いました。
季節も近い。梅雨⇒梅雨明け。雨と晴れ、響きあってますよね(^_-)-☆。
字余りを解消しての提案句
・紫陽花やドドソソララソくりかえす
ドドソソララソ♪、ちょっと遊んでみました。
今後とも宜しくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、めでかやさんの俳句の感想を書いてください >>

「四葩越しピアノの稽古キラキラ星」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

再訪です!
「ピアノかな」よりイサクさんの「四葩かな」がいいですねえ。季語がきっちりうきあがってきます。「四葩かな」ですね!それを言いに来ました!失礼します!

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

忙しい中あったまる時間ありがとう

作者名 久里山 誠三 回答数 : 1

投稿日時:

道の先行く斑猫に迷ひなし

作者名 イサク 回答数 : 7

投稿日時:

誰も来ぬ離れの一人たまご酒

作者名 竜子 回答数 : 6

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『四葩越しピアノの稽古キラキラ星』 作者: 中村あつこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ