俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

椿踏む罪悪感という重さ

作者 葉月庵郁斗  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

別の句で人選頂きましたが
私的にはこちらの方が
好きな句でした。
うっかり花を踏んでしまった時の
気持ちを詠みましたが
人によって罪悪感の度合いが違う事への
警鐘も含めて。
ご指導よろしくお願いします。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「椿踏む罪悪感という重さ」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

今晩は。
作るなは!は椿を厚化粧と揶揄する句は作るなと自戒の念の意味ですよ‼️
反省するなら作るなと自問自答の意味ですよ‼️
ご理解のほどを。

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「椿踏む罪悪感という重さ」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

葉月庵郁斗さん!こんばんは!
いつもお世話になっております。
巣箱が季語とは知らなかったですよ。
まだまだ知らないこと多いですね。
しかし、このところの郁斗さんの活躍には目を見張りますよ。
私も精進します。
お互い頑張りましょう。

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

軍服の遺影に目す終戦日

作者名 04422 回答数 : 6

投稿日時:

蝶の行く杖を追い越す日の光

作者名 渡瀬祐輔 回答数 : 3

投稿日時:

園庭でしゃがむ子ひとり秋の声

作者名 たけたけ 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『椿踏む罪悪感という重さ』 作者: 葉月庵郁斗
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ