俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

てふてふや密にありつき留まる羽

作者 ワイス  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

飛び回っていた蝶が蜜を見つけ今、羽を休めた瞬間を詠みました。

最新の添削

「てふてふや密にありつき留まる羽」の批評

回答者 かぬまっこ

おはようございます👋😃☀最後に羽に視点がきて良いと思います。でも、ありつき留まると動詞が続くのが気になります。

🔷てふてふや密へゆっくり留まる羽

どうでせうか❔

点数: 1

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

下駄履きの素足にしみる寒き朝

作者名 林まゆみ 回答数 : 3

投稿日時:

行きし春さまざまなもの行きしかな

作者名 負乗 回答数 : 7

投稿日時:

亀鳴くや明日で定年もう寝るか

作者名 めでかや 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『てふてふや密にありつき留まる羽』 作者: ワイス
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ