俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

蝶々や銃で落ちないかもしれぬ

作者 こま爺  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

「かもしれなぬ」を使うのもありらしいです。

最新の添削

「蝶々や銃で落ちないかもしれぬ」の批評

回答者 さざえ

こま爺様 おはようございます。
初めましてよろしくお願いいたします。
ご指導ありがとうございます。
早速、
音聞けばピィチクピィチクや雀の子
初心者なのでよろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、さざえさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「蝶々や銃で落ちないかもしれぬ」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

かもしれぬ俳句っておもしろいですよね。
蟷螂は火星の農夫かも知れぬ/松田雄姿
むささびのくるかも知れぬ蚊遣焚く/斎藤夏風

突飛な発想を合わせることができるので、詩情が湧きます。

御句。蝶のはらりひらり感が出ていますね。これはどうでしょう。平仮名表記ではらりひらりと。

てふてふよ銃弾かはすかも知れぬ
てふてふよ銃弾かはすかも知れん

点数: 2

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「蝶々や銃で落ちないかもしれぬ」の批評

回答者 かこ

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

助詞ですが、”や”ではなく”は”だと思います。
非現実的なことを俳句にするのであえて断定的に一般化するということでしょうか。

げばげばさんが紹介されていた。
蟷螂は火星の農父かも知れぬ

と構造的に同じだと思いますので。

点数: 1

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

「蝶々や銃で落ちないかもしれぬ」の批評

回答者 春野ぷりん

句の評価:
★★★★★

こんにちは😊こま爺さん
いつもお世話になっております。
「おしくらまんじゅう」の句にコメント添削ありがとうございます。字余りは気にしなくていいのですね。荒波だけだと世間の波なのか、人の波なのか、海の波なのか分かりずらいですね。
提案句もありがとうございます😊
いつもとても勉強になります。またよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、春野ぷりんさんの俳句の感想を書いてください >>

「蝶々や銃で落ちないかもしれぬ」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

こま爺様、こんにちは🙂
お世話になります。
この句、観念的な映像として美しく、叙情的でもあります。好きな句ですね😉
かこさんのご指摘のように、ここは「や」ではなく、"は"だと思います。
素敵な句ですね。

また、宜しくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

「蝶々や銃で落ちないかもしれぬ」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
再訪です。

蝶々を「てふてふ」として、ひらりひらりとかわしていく感じにしたかったのと、「落ちない」には詠み手に「落とそう」という意図が見えるように感じたのに対し、「かわす」だとあくまで詠み手は客観で、そのあたりのとびまくっている銃弾を、てふてふならひらりひらりとかわすのではないか、そうかもしれぬ。てふてふは銃弾をもかわす春の平和の象徴かもとしれぬ、思うからでした。

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

七草の粥のうすきを掬ひもし

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

篝火の爆ぜる音する薪能

作者名 西風子 回答数 : 4

投稿日時:

秋時雨医院の長き待ち時間

作者名 よし造 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『蝶々や銃で落ちないかもしれぬ』 作者: こま爺
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ