俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

入学のランドセルまだなじまずに

作者 佐渡  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

一年生はランドセルが歩いているようだ。

最新の添削

「入学のランドセルまだなじまずに」の批評

回答者 文室七星

佐渡様
こんにちは。
「ランドセルに背負らるる」はベタではありますが、ランドセルにまだ慣れていない、馴染んでいない様子を描く方がより効果的になるかと思います。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、文室七星さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「入学のランドセルまだなじまずに」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

再訪です。勉強になりました。

それぞれのケースを整理すると次のとおりです。
1 「入学や」とすると、中七以下は季語
ら距離を置き、いわゆる取り合わせの句
にしないとだめ。
2 入学のとした場合次のランドセルが主役
になるので立派に句として成立する。季
語の説明には当たらない。

良く分かりました。ありがとうございます。今後の句作りに大いに参考になります。

今後ともよろしく。

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「入学のランドセルまだなじまずに」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。なじまないというところに主観の説明感があるので、なじまないと思ったのは、どういう状態だったのか、を詰めていく方がいいかもしれません。コメントの方がいいかもしれません。
ランドセルに引きずられたる入学児
入学児ランドセルだけ歩くやう

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「入学のランドセルまだなじまずに」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

ランドセルの説明の句になってしまっています。入学やと切るべきと思います。

今後ともよろしく。

点数: 0

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

西の雲厚し六日の催涙雨

作者名 IZMIN 回答数 : 0

投稿日時:

青芝に腰を下ろして雀らと

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

種になりし朝顔の蕾まだあり

作者名 森本可南 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『入学のランドセルまだなじまずに』 作者: 佐渡
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ