俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

久方の友の絵文字や木の芽晴れ

作者 こま爺  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

送っても既読スルーの友のトークに、メッセージが入り安心したという句です。
体調でもくずしたのかなと心配してたところ、元気とのいつもの絵文字入りのメールが来てホッとしました。

最新の添削

「久方の友の絵文字や木の芽晴れ」の批評

回答者 佐渡

こま爺さん!こんにちは!
いつもお世話になっております。
ご指導ありがとうございます。
入学のですね。
よろしくお願いいたします。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「久方の友の絵文字や木の芽晴れ」の批評

回答者 感じ

句の評価:
★★★★★

こんにちは😃お世話になっております。
拙句へのコメントありがとうございます。
「試すような意図」はなかったのですが、結論から申し上げて、あの句に句意はありません。
ほんとうに、イメージを繋ぎ合わせました。
(ただし、狂う蝶、は季語【蝶】の子季語になっております)
前に、俳句は事より物、すなわち【写生】であること教示頂きました。私も基本はそうであると思っております。
さて、今、兼題【蝶】の句を考えております。
その中で、実景ではない、イメージで作り上げた、なんと言うのでしょう、「幻想句」なようなものを作ってしまいます。
そのような句はどう評価されるのか、どのようなものになるのか、模索しているところであります。
さて、こま爺さまがどなたかに紹介されていたネットの句です。
・寒風や砂を流るる砂の粒 石田勝彦
読んだままに好きな句です。
さて、御句。感想です。
作者はスマホを見ているのでしょう。スマホの画面は光りの方向により周りの景を写すこともあります。旧友のメールを見ながら、一瞬、青い木々とその背景の青空が映りこんだのでしょう。
季語と叙述がよくあっていると思いました。
また、コメントなどよろしくお願いします。
長文失礼しました。

点数: 1

添削のお礼として、感じさんの俳句の感想を書いてください >>

「久方の友の絵文字や木の芽晴れ」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

こま爺さん!おはようございます。
いつもお世話になっております。
ご指導ありがとうございます。
藤田湘子20週俳句入門
季語にやがつけないと意味はい直線の俳句でよい
と解説しています。
因みに上五季語やで切った場合は
中七、下五は季語と関係ないことを詠うとも
よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

「久方の友の絵文字や木の芽晴れ」の批評

回答者 エイジちゃん

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
「花吹雪」の句にコメントをいただきまして、誠にありがとうございます。
 この句は、花吹雪のなかのティーグランドの景色とゴルフプレーヤーの心象につながる所作を取り合せして詠んだつもりでしたが、ゴルフと花吹雪を生むような風は、そもそも相性が悪いのです。そういう意味で、ご指摘の通り配合が上手くなかったようです。

あなた様の句。
句の意味は良く理解できますが、「久方の」は、辞書によれば枕詞のようです。
「久しぶり」とか「無沙汰」の方が正しい字句になりましょうか。
・御無沙汰の友の絵文字や木の芽晴れ
・木の芽晴れ無沙汰の友の絵文字かな
とされてはいかがでしょうか。
宜しくお願いいたします。

点数: 0

添削のお礼として、エイジちゃんさんの俳句の感想を書いてください >>

「久方の友の絵文字や木の芽晴れ」の批評

回答者 感じ

句の評価:
★★★★★

こんにちは😃お世話になっております。
拙句へのコメントありがとうございます。
「試すような意図」はなかったのですが、結論から申し上げて、あの句に句意はありません。
ほんとうに、イメージを繋ぎ合わせました。
(ただし、狂う蝶、は季語【蝶】の子季語になっております)
前に、俳句は事より物、すなわち【写生】であること教示頂きました。私も基本はそうであると思っております。
さて、今、兼題【蝶】の句を考えております。
その中で、実景ではない、イメージで作り上げた、なんと言うのでしょう、「幻想句」なようなものを作ってしまいます。
そのような句はどう評価されるのか、どのようなものになるのか、模索しているところであります。
さて、こま爺さまがどなたかに紹介されていたネットの句です。
・寒風や砂を流るる砂の粒 石田勝彦
読んだままに好きな句です。
さて、御句。感想です。
作者はスマホを見ているのでしょう。スマホの画面は光りの方向により周りの景を写すこともあります。旧友のメールを見ながら、一瞬、青い木々とその背景の青空が映りこんだのでしょう。
季語と叙述がよくあっていると思いました。
また、コメントなどよろしくお願いします。
長文失礼しました。

点数: 0

添削のお礼として、感じさんの俳句の感想を書いてください >>

「久方の友の絵文字や木の芽晴れ」の批評

回答者 文室七星

句の評価:
★★★★★

こま爺様
おはようございます。
「桜散るほどに」の句へのご意見、添削ありがとうございます。
中七が中八になっていたことに気づかずでした。中七は「川近くなる」でした……
語句についても学びたいと思っております。
今は出先ですので、帰宅後改めてご添削も含めて考えてまいります。
今後ともご指導よろしくお願いいたします。

御句の中七の「や」は勉強になります。
下五の「木の芽晴れ」

点数: 0

添削のお礼として、文室七星さんの俳句の感想を書いてください >>

「久方の友の絵文字や木の芽晴れ」の批評

回答者 文室七星

句の評価:
★★★★★

コメントが途中で切れてしまい、申し訳ございません。
下五「木の芽晴れ」が効いていて、季語の使い方も勉強させていただきます。

点数: 0

添削のお礼として、文室七星さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

貧乏はごめんと捨てし春紫苑

作者名 負乗 回答数 : 3

投稿日時:

幸せの溢るる笑顔花ミモザ

作者名 めい 回答数 : 4

投稿日時:

日暮急母追う影や薄くなり

作者名 卯筒 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『久方の友の絵文字や木の芽晴れ』 作者: こま爺
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ