俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

ひとびとの流れに委ね花見かな

作者 くまた  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

昨日は近くの神社で1人ゆっくりのお花見。
今日は城公園に行って来ました。
人が多い。桜のトンネルを抜けるのもひとひとひとでした。
コロナ禍が収束したと言う事でしょうか。

「委ね」を「任せ」にするか迷いました。
苦手な切れ字、「かな」は感動 詠嘆 とありましたが
小林一茶の「子供かな」で子供だなぁとあったので良いのかな?

宜しくお願いします。

最新の添削

「ひとびとの流れに委ね花見かな」の批評

回答者 かこ

こんにちは😃

委ねか任せなら、委ねの方がいいような気がします。本当はかなりの雑踏だと思いますが、句はゆったりとした感じがします。それも又良いのではないでしょうか。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「ひとびとの流れに委ね花見かな」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

俳句は一般的に動詞より名詞の方が良いとされています。名詞の方が読む人が句意を理解しやすいらしいです。
そこで、御句の「流れに委ね」を「流れのままに」と名詞化してみました。
” 人々の流れのままの花見かな

次は参考記事です。
https://www.kohaneko.tokyo/2020/04/260.html?m=1

ご参考までに。

点数: 2

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

冷めきったやかんの水と春の闇

作者名 回答数 : 3

投稿日時:

晦日そば細く長くとあやかりぬ

作者名 水越宏子 回答数 : 4

投稿日時:

秋霖や野山に星の緑萌ゆ

作者名 流浪俳句 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『ひとびとの流れに委ね花見かな』 作者: くまた
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ