俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

父の日やなんだ靴下一足か

作者 めいしゅうの妻  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

今年の父の日も、何事も無く過ぎていきました。
靴下の一足でもあれば嬉しい。

最新の添削

「父の日やなんだ靴下一足か」の批評

回答者 なおじい

めいしゅうさん、こんにちは。
御句ですが、実は俳句だけはトップページの一覧でお見かけしていたものの、ご自身のコメントは今日(6月29日)になって初めて拝読しました。何しろ精力的にご投句なさっていらっしゃるので追いつかず、失礼しました。

そしてコメントを読んで初めて、この句は、しけた贈り物に文句をつけているのではなく、本心は喜んでいるのだと知りました。

でもそれなら損です。今さら申し上げるまでもなく、俳句は十七音での勝負です。コメントは付きません。この句では、印象がネガティブにとらえられ、めいしゅうさんの思う通りに受け取ってもらえないのではと思います。

先の方もおっしゃっていますが、素直にお詠みになったほうがいいのではと思いました。

・父の日や一足の靴下うれし

ご自身のコメントから取らせていただきました。一足でも、おそらくその靴下は、これから暑い夏へ向かうので通気性のいい高級品なのだと思います。良かったですね!

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

その他の添削依頼

秋暑し息整へて筆を持つ

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

秋の蝉そこで鳴くなよ耳元で

作者名 なおじい 回答数 : 4

投稿日時:

イヤフォンを片耳づつに夕立風

作者名 げばげば 回答数 : 7

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『父の日やなんだ靴下一足か』 作者: めいしゅうの妻
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ