俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

愁ひまでもぐりこみけり春炬燵

作者 文室七星  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

こたつに入ってぼんやりと物思いにふけるまでももなくぼんやりと物思いに。

最新の添削

「愁ひまでもぐりこみけり春炬燵」の批評

回答者 こま爺

こんばんは。

動きを出すという大事なヒント頂きました。「アクセルを浅く」より「アクセルを緩め」の動詞の方がまだ良いのかも知れません。

ヒントありがとうございます。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「愁ひまでもぐりこみけり春炬燵」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

文室七星さん!こんにちは!
いつもお世話になっております。
御句
少し映像を出してみました。
提案句です。
・漫画本開いたままの春炬燵
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

「愁ひまでもぐりこみけり春炬燵」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

文室七星さん!
再訪です。
漫画本は創作でした。失礼しました。
俳句を考えていたことを詠んでみてはいかがでしょうか?
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

「愁ひまでもぐりこみけり春炬燵」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

これは私の主観かもしれません。そのおつもりで。

「けり」より「かな」では。
「かな」の方が、今の悲しい気持ちも炬燵の中に消えたな、いやしかし、と現在の揺れ動く気持ちが見えそうです。

よろしく。

点数: 0

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

赤き火に焼かれさんまのあぶら沸く

作者名 豆柴 回答数 : 2

投稿日時:

豆撒きのあとを歩めば夜の靄

作者名 あらちゃん 回答数 : 0

投稿日時:

切り傷のごとき雲

作者名 虚俊 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『愁ひまでもぐりこみけり春炬燵』 作者: 文室七星
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ