俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

蕾たち線路沿いの手にマスク

作者 ハナウタ桜  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

俳句初心者です。
線路沿いを歩いていたところ
蕾から春の匂いが漂ってきました。
マスク不要になり清々しい気持ちを表したいのですが、よい表現方法があれば教えていただきたいです。

最新の添削

「蕾たち線路沿いの手にマスク」の批評

回答者 森本可南

瑠璃色の句にコメントありがとうございます。
実は、漢字を失敗しております。
瑠璃色の球でした。
地球のことです。
この地球に自分の居場所は、あるのか?存在意義は、あるのか?そんな、感じです。
また、よろしくお願い致します。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、森本可南さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「蕾たち線路沿いの手にマスク」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。はじめまして。
初心者さんということで。

ちょっといろいろと指摘が細かく多くなってしまう句なのですが、

◆字足らずになっています。
 「つぼみたち せんろぞいの てにますく」 中七が六音しかありません。
◆この句は、このままでは季節がわかりません。
 季語は「マスク」でしょうか?
 でも「マスク」はそのまま使うと冬の季語なのです。
 ちょっと、コメントの風景にそぐわないかと・・
◆花粉症のマスクならば春の季語ですが、やはりコメントの風景とは違います。
◆「蕾」だけでは季語にはなりません。
 何の花かわからないので。
 「桜の蕾」「梅の蕾」など、季節のわかる花の蕾だとはっきり言えば、季語として使えるかと思います。

◆全体では、欲張って言葉を詰め込み過ぎている感じです。
 まず「季語(五音ぐらい)」+「なにかひとつのことを現す十二音」ぐらいの作り方を考えてください。

コメントからは
「線路沿いの花の蕾」で一句(季語は、その花もしくはその花の蕾)
「蕾から春の匂いが漂ってきました」で一句(季語は「春」か、花の蕾で)
「マスク不要になり清々しい気持ち」+別の春の季語で一句
ぐらいの、三句分くらいの言葉の量だと思います。

例えば
・梅の香の線路沿いへとあふれゆく
・蕾より春の匂いの漂へり
・春風やコロナのマスク外したら
こんな感じです。

またよろしくお願いします。

点数: 4

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「蕾たち線路沿いの手にマスク」の批評

回答者 森本可南

句の評価:
★★★★★

花便りマスク不要の線路沿い

句意とは、ちょっと違いますがなるべく近づけてみました。
イサクさんの、言われるとおり、言いたいことが多すぎて、全て伝えるのは、難しいですね、蕾たちを桜にしちゃいました
今後とも、よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、森本可南さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

併せ着て風邪の予感に早寝かな

作者名 そうり 回答数 : 1

投稿日時:

井戸端や白菜割く音はるかかな

作者名 よした 山月 回答数 : 3

投稿日時:

要望:厳しくしてください

丸き背の湯船に急ぐ冬至かな

作者名 ももぱぱ 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『蕾たち線路沿いの手にマスク』 作者: ハナウタ桜
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ