俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

電池かえまた時刻む春の午後

作者 くまた  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

ほんとは朝の出来事だったんですが、春のポカポカ陽気のゆるりとした
午後にしました。
余談になりますがこの掛け時計、20年前に新居祝いに頂いた物です。
電池を変えてまだ動くのを確認する度に「まだ動いてるよ〜」って
電話します。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「電池かえまた時刻む春の午後」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

森本さんのコメントの通りですね。

早速ですが、簡潔にするために省けるものはないかを考えて見ます。

そのためにまず、逆に省けないポイントは何かを押さえます。やはり時計がまわりはじめたことでしょうね。その時計の回る光景をどう表現するか。時計は秒針の方がよりリアルになりそうです。

もう一点、季語も春の暖かくて閑かな昼間を表す「春昼」に変えたいですね。

”春昼や秒針すっと動き出し

因みに、なぜ時計がまわりはじめたかは、読者の想像に任せます。

まずはご参考までに。

点数: 2

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「電池かえまた時刻む春の午後」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

「時計」と言わずに省略しているのに、わざわざ時計を限定して「時刻む」という説明。
これでは説明が遠回しになっているだけで、時計と書かなかった意味がないのでは?

「午後」という言い方で時間という概念は入ってくるので、何が動き出したかを言わずに「春の午後に何かが時間とともに動き出した」というイメージでの提案句です。

・電池かへ動き出したる春の午後

点数: 2

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「電池かえまた時刻む春の午後」の批評

回答者 森本可南

句の評価:
★★★★★

電池かえ刻み始める春の刻

こんばんは。くまたさん。
中七ですが、くどい感じします。時計の電池かえたから、また、動きだしました。という、何々だから、何々になったという説明でしかありません。
ここは、もっと簡潔にいきましょう。
また、よろしくお願い致します。

点数: 1

添削のお礼として、森本可南さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

凡句詠みひかれて死んだ蟇蛙

作者名 卯筒 回答数 : 0

投稿日時:

要望:褒めてください

トラックの消えた国道に囀

作者名 ヒマラヤで平謝り 回答数 : 1

投稿日時:

要望:厳しくしてください

けふからが再スタートぞ山笑ふ

作者名 おかえさき 回答数 : 17

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『電池かえまた時刻む春の午後』 作者: くまた
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ