俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

庭先に鵯一羽待ちぼうけ

作者 春野ぷりん  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

二羽のひよどりが庭先に来るようになりました。
いつも二羽なのに、今日は朝から一羽だけしかおらず、朝からずっと木の先にとまってはもう一羽を待っているひよどりの姿です。
鵯一羽にするか一羽鵯にするか迷いました。
または「待ちぼうけ」という表現に「一羽」という言葉は不要かな。など
よろしくお願いします😊

最新の添削

「庭先に鵯一羽待ちぼうけ」の批評

回答者 佐渡

渡邊久美さん!こんばんは!
いつもお世話になっております。
ひな祭りのコメントありがとうございます。
稲取は妻と二人で行きました。河津桜も綺麗でした。
わが家にひな人形が眠っていますから、勝浦にでも寄付したいところです。
御句
ひよどりが可愛いですよね。時には花びらを食べてしまうこともありますが。
提案句です。
・ひよどりのわが庭いち羽待ちぼうけ
少し語順を変えてみました。
よろしくお願いいたします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「庭先に鵯一羽待ちぼうけ」の批評

回答者 かこ

句の評価:
★★★★★

こんにちは😃
中七下五はこのままで良いと思います。
上五を
朝の庭鵯一羽待ちぼうけ
とか検討の余地は少しあるかなと思います。

点数: 1

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

「庭先に鵯一羽待ちぼうけ」の批評

回答者 感じ

句の評価:
★★★★★

こんばんは。お世話になってます。
さて、御句。中下は、そのままでよいと思います。
つまり、一羽、待ちぼうけ、も必要かと。
理由。鵯が、基本、集団行動する鳥であることを、私も含め知らないと思うからです。
また、残された鵯(あるいはご自身の)の寂しさを強調するためにも、(これは、わたしの主観)、一羽、待ちぼうけ、は必要であると。
また、鵯一羽、の語順の方がいいと。
上は、そのままでもよいとますが、その【鵯】の待つ場所を色々変えることによって、様々な鵯を表現できるとおもいます。
よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、感じさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

遠雷の音しずか羊は眠る

作者名 あかね 回答数 : 2

投稿日時:

要望:褒めてください

眉の無き水泳選手夏やすみ

作者名 卓鐘 回答数 : 5

投稿日時:

苅田風佐渡にむかふや朱鷺一羽

作者名 村山陽子 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『庭先に鵯一羽待ちぼうけ』 作者: 春野ぷりん
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ