俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

春の夜や自分隠しの旅に出で

作者 伊勢史朗  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

季語が全く機能していない独り善がりのお手本みたいな句です。でもこういう川柳っぽいのも好きなんです。

最新の添削

「春の夜や自分隠しの旅に出で」の批評

回答者 秋雄

「良縁や雛人形にふと感謝」の秋雄です。
いつもありがとうございます。
そうですよ、感情を入れずに描写するのが俳句でした。
めげずに作りますので、よろしくお願いいたします。
「御健吟」新しい言葉覚えました。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、秋雄さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「春の夜や自分隠しの旅に出で」の批評

回答者 優子

句の評価:
★★★★★

伊勢史朗様
何か自分に対する罪悪感などがあるのでしょうか?勉強不足ですみません。でも人は多かれ少なかれ、隠したい事を持っているものだと思っています。私ごときがすみません。

点数: 1

添削のお礼として、優子さんの俳句の感想を書いてください >>

「春の夜や自分隠しの旅に出で」の批評

回答者 ドキ子

句の評価:
★★★★★

春暖の句の添削ありがとうございます。
季語は最後まで悩みました。
最初は春日和としたのですが、日和という表現も吉日と被ると思い変更しました。
アドバイスをありがとうございます。
季語を深く知る事が重要だと思いました。
とても勉強になります。

前回のコメントの名詞だけの句はボツにしました。よくよく見ると、おかしな句だと気づきました。。
現在、楽しんで作句しています。
いろいろ考えています。
少しでも良い句を出せるように頑張りたいと思います!
いつもありがとうございます。
またよろしくお願いしますm(_ _)m

点数: 1

添削のお礼として、ドキ子さんの俳句の感想を書いてください >>

「春の夜や自分隠しの旅に出で」の批評

回答者 ドキ子

句の評価:
★★★★★

すみません。
御句の感想です。
好きな句です。
私も知識は浅いですが、川柳も好きです。
自分探しではなく自分隠しという表現が特に良いと思います。
勉強になります。
またよろしくお願いしますm(_ _)m

点数: 1

添削のお礼として、ドキ子さんの俳句の感想を書いてください >>

「春の夜や自分隠しの旅に出で」の批評

回答者 優子

句の評価:
★★★★★

伊勢史朗様
再訪です、添削していただいていたのですね、気付かずに申し訳ございませんでした。ありがとうございます。かこ様に添削して頂いたのが嬉しくて、即座に作ったもので、学芸会は秋だったことをすっかり忘れていました。孫娘、髭は付けていませんでした。一緒に写メ撮って嬉しくて、単なるババ馬鹿ですね。

点数: 1

添削のお礼として、優子さんの俳句の感想を書いてください >>

「春の夜や自分隠しの旅に出で」の批評

回答者 森本可南

句の評価:
★★★★★

こんばんは。伊勢さん。よろしくお願い致します。
わたし、映像が、ぼやけて、よく、見えませんでした。
自分隠しが、抽象的で。
家出?借金で、逃げた?今の暮らしが、いやになった?
単なる言葉遊び?
旅?車?列車?船?飛行機?
ごめんなさい。
言いたいポイントは、なんなのか?自分の頭が固すぎる?

点数: 1

添削のお礼として、森本可南さんの俳句の感想を書いてください >>

「春の夜や自分隠しの旅に出で」の批評

回答者 秋雄

句の評価:
★★★★★

「春中や父を支えてさんぱつ屋」の秋雄です。
添削ありがとうございます。
伊勢さんがおっしゃっているように、
✖父を散髪に連れて行くのは大変ですが、
〇父は気持ちいいので楽しみなんです。
〇帰った後は私もなんとなくうれしい感じです。
よって、1:2で麗らかですね。
今後ともよろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、秋雄さんの俳句の感想を書いてください >>

「春の夜や自分隠しの旅に出で」の批評

回答者 もんこ

句の評価:
★★★★★

伊勢様
麗かやへの添削ありがとうございます。
ホッとする(安心する)ような句です!

さて、今回の『麗かや』は確かに母の様子と季語が合わないと思います。

永年の連れ合いを亡くしたから、こころも体もダメージを受けて弱ってしまうのは自然なこと。
それでも生きているから、息を吸って吐いて少しの食事をして、日々を暮らすしかない。麗らかに。

という感じでした。

伊勢様、本当にありがとうございます。
また宜しくお願い致します。

点数: 1

添削のお礼として、もんこさんの俳句の感想を書いてください >>

「春の夜や自分隠しの旅に出で」の批評

回答者 森本可南

句の評価:
★★★★★

春の夜や独りで隠れんぼ遊び

春の夜に酔って独りで、ふざけて、押入れに隠れてみたよ。
暗くて、誰も、自分を探しに来てくれなくて、何故かなみだが、でてきたよ。

点数: 1

添削のお礼として、森本可南さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

泉汲む我を見つめる我ひとり

作者名 つちや郷里 回答数 : 2

投稿日時:

龍淵に潜む山盛りの灰皿

作者名 つちや郷里 回答数 : 9

投稿日時:

プーチン見る豆まき如く散る命無用

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『春の夜や自分隠しの旅に出で』 作者: 伊勢史朗
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ