俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

水あれど砂の器のごと泉

作者 めいしゅうの妻  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

やすさんの措辞を拝借しました。
すっきりと透明な水。そこには、まるで砂で出来た丸い器しか見えない。
(むかし、砂の器と言う映画がありましたが・・・)

最新の添削

「水あれど砂の器のごと泉」の批評

回答者 卓鐘

再訪
途中で送ってしまって変な日本語になってしまってましたね。失礼しました。
あとこの句へのコメントも。

砂の器のごと泉の楚辞、発見がすごくいいとおもいました。上五が、〜なのにという理屈になっているところがもったいなく思います。

とはいえ何をもってくればいいか思いつきませんが😅
これも上五の工夫ですごくいい句になる予感。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「水あれど砂の器のごと泉」の批評

回答者 やす

句の評価:
★★★★★

めいしゅう様
一度めいしゅう様からご挨拶頂いて、こちらからもご挨拶差し上げたんですが、おそらくどこかに紛れちゃっているんでしょうね💦よろしくお願いします。
私が見た白川水源は、水が湧いている部分だけが水面が動いていて、砂を静かに舞い上げて湧いています。下にある青い苔は浮き上がるように見え、それはそれは綺麗ですよ。
貴重な場所を見ることが出来ました。
写真をお見せ出来ないのが残念です。

点数: 1

添削のお礼として、やすさんの俳句の感想を書いてください >>

「水あれど砂の器のごと泉」の批評

回答者 やまの はるか

句の評価:
★★★★★

こんばんわ お世話になります
寄りて引くは グループラインの人の出入りのことで 波が寄せたり引いたりする みたいだな と思って浮かんだ句です。さすがにこのままでは・・・とホームの人の流れに 変換した次第です

点数: 1

添削のお礼として、やまの はるかさんの俳句の感想を書いてください >>

「水あれど砂の器のごと泉」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

こんにちわ
ちょいと季語の本意について補足。
歳時記にかかれていることだけが季語の本意(ほい)ではなく、その季語のもつ共通するイメージ、連想が本意だと思っていて、決して一つに限定されるものではないとおもとります。
泉には確実に、自然の生命力とか神秘とかそういった本意もあるはずでそれに目を向ける詠むことは全く問題ないかと。ただ、僕が難しいなぁとおもったのは神秘とか読もうとするとありきたりの陳腐沼にはまりがちで難しいなあと感じたら
感じている次第。

点数: 1

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

特盛の御飯茶漬けや大野分

作者名 和光 回答数 : 1

投稿日時:

梅雨戻り前線なほも猛狂ふ

作者名 三男 回答数 : 1

投稿日時:

咲き満ちてこぼることなど知らずして

作者名 めい 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『水あれど砂の器のごと泉』 作者: めいしゅうの妻
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ