俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

のんびりと山寺の鐘春の泥

作者 佐渡  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

故郷の山寺で鐘を打たせてもらった事があった。
多分のんびりとした音だったかも。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「のんびりと山寺の鐘春の泥」の批評

回答者 森本可南

句の評価:
★★★★★

佐渡さん、こんにちは。

良い情景ですね。
山寺の鐘。のんびり感が伝わります。
私も、打ったことがあるような、もう、記憶の向こうです。
好奇心いっぱいの子供でした。

点数: 1

添削のお礼として、森本可南さんの俳句の感想を書いてください >>

「のんびりと山寺の鐘春の泥」の批評

回答者 かこ

句の評価:
★★★★★

こんにちは😃
柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺

テーマは同じですね。寺の鐘をゆっくり聴くことができるぐらいのんびりとしている風景ですね。
難しい。
代案は浮かびません。
春の泥が合ってないことだけは分かります🤭

点数: 1

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

「のんびりと山寺の鐘春の泥」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
「の」の意味は場所を表す「における」の意味で、例えば机の上のペンは机の上にあるペンと同じ使い方です。
八幡宮の屋台の鯛焼きがどんな香りかは、読者に想像してもらうほうが良いかと考えます。

御句、のんびりとの心情をではなく、情景を詠まれては如何でしょうか。

”山寺の鐘春の泥の如くに

宜しくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「のんびりと山寺の鐘春の泥」の批評

回答者 葉月庵郁斗

句の評価:
★★★★★

いつもありがとうございます
季語春の泥を選ばれたのは
のんびりとした山寺の雪解と
そこにあるぬかるみのまったり感
でしょうか?
拙句椿句コメントありがとうございました。
提案句
血と同じ紅色落椿と死後
ゾクッとするくらい素敵です。
またよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、葉月庵郁斗さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

山笑ふ発破の響き谷に沿ひ

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

水鳥の小舟漕ぐごとすすみけり

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

いつからか冷雨の後に冬の虹

作者名 翔子 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『のんびりと山寺の鐘春の泥』 作者: 佐渡
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ