俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

玄関の夫の腕に仔猫かな

作者 伊勢史朗  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

ここのところこの道場で「子猫」の作品が多くなってきたので我も。以前別の名前で掲載した時の句を少し推敲してあります。

最新の添削

「玄関の夫の腕に仔猫かな」の批評

回答者 もんこ

伊勢様
お世話になっております。
『今朝の雪』へのコメントと添削ありがとうございます。

そうなんです、季重なりを意識し過ぎて訳の分からない句になってしまうのです。

何を主役にするか、決めてからそれに合う季語を選んだほうが良いのでしょうか?

添削していただいた句、素敵です。
『雪しずる』
初めて知った言葉です!
冬の季語で、なんと美しい言葉でしょう!
ありがとうございます、今後もご指導お願い致します。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、もんこさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「玄関の夫の腕に仔猫かな」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

愛くるしい雰囲気ですが、心情としては子猫は子犬でも同じ、すなはち季語が動く句にならないか気になります。

素人の感想てす。よろしく。

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「玄関の夫の腕に仔猫かな」の批評

回答者 ちゃあき

句の評価:
★★★★★

伊勢さん、こんにちは。「尼の長電話」は、だいぶ以前に出した句ですので、お許しください。

御句につきましては、大江さんの時の方が仔猫の可愛らしさが出ていたように感じられました。御免下さい。<(_ _)>

点数: 1

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

「玄関の夫の腕に仔猫かな」の批評

回答者 森本可南

句の評価:
★★★★★

帰宅夫大事に抱えし仔猫かな

御句、すごくいいと思います。
でも、相手は、仔猫。
暴れて、落ちるかも、、、そんな夫の優しさ、表現してみました。なお夫は、つまとお読みください。もちろんわかってるわよですね。😅

失礼いたしました。よろしくお願い致します。

点数: 1

添削のお礼として、森本可南さんの俳句の感想を書いてください >>

「玄関の夫の腕に仔猫かな」の批評

回答者 エイジちゃん

句の評価:
★★★★★

こんばんは。
栴檀の句へのコメント、ありがとうございます。
 私のような初心者にはどのような季語を使ったら良いのかわからないことだらけです。これで良いかと思った季語が、季節はずれや季重なりになったりします。だからといって歳時記を暗記する訳にもまいりませんが、やはり、初心者は基本に沿って句作を地道に継続するのが鉄則なのですね。

 目には青葉山郭公初鰹
 山口素堂

こんな句をさらっと詠める日を夢みて。
宜しくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、エイジちゃんさんの俳句の感想を書いてください >>

「玄関の夫の腕に仔猫かな」の批評

回答者 ドキ子

句の評価:
★★★★★

桜貝の句のコメントありがとうございます。
的確なアドバイスに感謝致します。
今回の拙句は、
幼き日に拾った桜貝を2つに割って、それぞれの宝物にした。そしてそれは机の引き出しにしまったまま成人になるまで忘れていた。
ある日、幼馴染が海外転勤になって人伝に連絡が来た。幼馴染を想って何気なく机を探っていると、あの日の桜貝が…。
というストーリーでした。
長々とすみません。
桜貝は幸せを呼ぶとも言われていますので、幼馴染の幸せを祈るという意味も込めていました。
言葉の選び方が出来ていないと思います。
読み手目線で詠めるように精進したいと思います。

御句の感想です。
2つの解釈ができると思いました。
①夫の帰宅を仔猫が迎えてリビングに入る
➁妻の帰宅を夫と仔猫が出迎える
ほのぼのとした良い句だと思います。
勉強になります。
いつもありがとうございます。
またよろしくお願いしますm(_ _)m

点数: 1

添削のお礼として、ドキ子さんの俳句の感想を書いてください >>

「玄関の夫の腕に仔猫かな」の批評

回答者 睦花

句の評価:
★★★★★

炬燵の句へのコメントありがとうございます。まだ作句始めたばかりなのでコメントいただきありがたいです。「練炭」の言葉を使ってみたかったのですが、言葉に拘り過ぎてもよくないことがわかりました。

御句で、初めて子猫が春の季語だと知りました。勉強になります。

点数: 1

添削のお礼として、睦花さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

油照鼓膜引掻くYouTube

作者名 根津C太 回答数 : 1

投稿日時:

風ゆくや根につかひし山登

作者名 佐渡 回答数 : 2

投稿日時:

ゴディバを自分へバレンタインデー

作者名 森本可南 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『玄関の夫の腕に仔猫かな』 作者: 伊勢史朗
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ