俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

あるじまつ縁側にぞうり八重桜

作者 みんみん  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

入院中の母が楽しみにしていた庭の桜が満開です。美しい桜を見ながら家に帰れないかもしれない母を想い切なくなる気持ちを書きたかったのですが難しいです。ご指導宜しくお願いします。

最新の添削

「あるじまつ縁側にぞうり八重桜」の批評

回答者 森本可南

みんみんさん。
拝読いたしました。

縁より、縁側が、いいなと思います。そこで、ぞうりを下駄に変えたいです。

主待つ縁側の下駄八重桜

よろしくお願い致します。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、森本可南さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

縁側の草履の主や八重桜

回答者 伊勢史朗

句の評価:
★★★★★

どうもこんばんわ。お母さんの入院のお世話は大変であろうと察します。そしてそのお母さんのお気持ちに沿った句を作りたかったようですね。ですが俳句は「気持ち」を直接伝える詩ではなく見た物聞いた物触った物匂いや味を伝える詩です。想いは読者に正確に伝わらないと割り切りが必要なのが俳句ではないでしょうか。内容的には短歌向きかと思います。どうか今宵も御健吟に。

点数: 1

添削のお礼として、伊勢史朗さんの俳句の感想を書いてください >>

「あるじまつ縁側にぞうり八重桜」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。はじめましてではないようですね。お久しぶりです。

先に出ていますが、中八になっている時点で、ちょっと多すぎることを考えてみたいです。

◆「主人のいない縁側」+季語「八重桜」
◆「主人のいない草履」+季語「八重桜」
で、それぞれ句ができそうな分量です。

提案句は「草履」+「八重桜」で。

・縁側の草履そのまま八重桜
・そのままの草履の在りて八重桜

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「あるじまつ縁側にぞうり八重桜」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★
★★

はじめまして。
良い句と思います。「縁側」と「ぞうり」という物から作者の心情を読み取ることができます。ただ、惜しいなと思うのは、中七の字余りです。

以下は私の推敲です。

まず、縁側を縁と言い替えるだけで二文字減らすことができ、そこへ「や」を加え、字余りの解消とお母さん即ち主を待つぞうりが主役であることを強調できます。
「縁に」は「縁の」にするとさらに主役が「ぞうり」であると強調することになります。

”主待つ縁のぞうりや八重桜

ご参考までに。

点数: 0

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

梅雨晴や板チョコレート真っ二つ

作者名 幸福来々 回答数 : 4

投稿日時:

デッサンの猫と目が合う春の宵

作者名 かこ 回答数 : 8

投稿日時:

色変えぬ松や水戸黄門の御印籠

作者名 鬼胡桃 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『あるじまつ縁側にぞうり八重桜』 作者: みんみん
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ