俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

純白の花の咲きて山茶花冷え

作者 こま爺  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

山茶花に脱字。

最新の添削

「純白の花の咲きて山茶花冷え」の批評

回答者 エイジちゃん

おはようございます。
いちご白書のコメント、ありがとうございます。
ほんとうは、雪降るやいちご白書をもう一度 と詠んだのですが誤入力してしまいました。
 この句は、いま雪が降ってます。そして、バン・バンのヒット曲「いちご白書をもう一度」が流れてます。自分は感じ入ってますよ、というたわいない印象を詠んだ句です。

あなた様の句。
寒い日に山茶花の赤い花にところどころ雪が白くかかっている情景を詠まれたのですね。その情景に趣きを感じられたのでしょう。
季語をひとつにしてみました。
山茶花やそろりと歩く石畳
改作が過ぎますかね。
いかがでしょうか。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、エイジちゃんさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「純白の花の咲きて山茶花冷え」の批評

回答者 かこ

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
初読では白い山茶花が咲いていて、寒いので冷たいと読みました。コメントを拝見しましたが、御句から雪の存在を推し量るのは難しいと思います。

点数: 1

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

当選のお菓子ぎゅうぎゅう秋深し

作者名 えこ 回答数 : 4

投稿日時:

剥き栗と似通いしかな後の月

作者名 ささゆみ 回答数 : 2

投稿日時:

道の駅遠く連なる冬の山

作者名 中村あつこ 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『純白の花の咲きて山茶花冷え』 作者: こま爺
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ