俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

降る雪やいちご白書をもう一度

作者 エイジちゃん  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

BGMと降る雪に感じ入り、どうにもならなくなって詠んでしまいました。
叱られるかな🙃

最新の添削

「降る雪やいちご白書をもう一度」の批評

回答者 森本可南

エイジさん。添削ありがとうございます。

さて御句。
歌のタイトルに頼りすぎな感が、否めません。オリジナルな言葉が欲しかったです。ま、そう言われるのも
想定内だったと思いますが。

降る雪や追憶浸る吾独り

いちご白書も追憶も映画のタイトル(笑)

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、森本可南さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「降る雪やいちご白書をもう一度」の批評

回答者 長谷機械児

句の評価:
★★★★★

「エイジちゃん」さん、こんにちは。

御句について。

歌の内容の要約を五七五に収めました、というのだと宜しくないと思いますが、歌のタイトルを拝借したところで叱られやしないと思います。(この歌のタイトルからして、映画の題名を拝借していたり…)

「降る雪や」とくると、

 降る雪や明治は遠くなりにけり/中村草田男

どうしてもこの句がまず想起され、御句は、上五も中七下五も一緒になって、ひたすら昔を振り返っているように見えました。
中七下五に昔を振り返る感慨が十分にあるので、上五は、「別の季語ないものかなあ」と思います。

同じ雪の季語ですが、

 風花やいちご白書をもう一度

とかどうでしょう。

今後ともよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、長谷機械児さんの俳句の感想を書いてください >>

「降る雪やいちご白書をもう一度」の批評

回答者 宮武桜子

句の評価:
★★★★★

こんにちは
梅雨の句へコメントありがとう御座います。懐かしかった。漢字ばかりで詠んでも面白いかなと。

降る雪やジョージマイケルもう一度

私の場合はこうですね😄

点数: 1

添削のお礼として、宮武桜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「降る雪やいちご白書をもう一度」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

降る雪やまではそこそこ俳句のことはご存知の方かと。百歩譲っていちご白書は比喩で引用されたとも解釈しますが、とある時代のとある歌の題名では比喩に耐えられるかどうか?☺️

失礼します。

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「降る雪やいちご白書をもう一度」の批評

回答者 秋雄

句の評価:
★★★★★

「春近し娘お澄まし顔合わせ」の秋雄です。
添削ありがとうございました。
顔合わせは明日なんですけどね。
想像して詠みました。

点数: 1

添削のお礼として、秋雄さんの俳句の感想を書いてください >>

「降る雪やいちご白書をもう一度」の批評

回答者 めでかや

句の評価:
★★★★★

エイジちゃん、こんばんは。いつもお世話になっております。
ひょっとして同世代ですかね。句の是非は分かりませんが、私も数カ月前に
このサイトに『口ずさむ金木犀の咲く道を』あげました。
私の方がバレないでしょう(笑)。今後とも宜しくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、めでかやさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

雀蛤になるや兎の走る海

作者名 ちゃあき 回答数 : 4

投稿日時:

長き夜に邦楽聞こえ感傷し

作者名 もるまみれ 回答数 : 2

投稿日時:

飼犬のときどき吠える霜夜かな

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『降る雪やいちご白書をもう一度』 作者: エイジちゃん
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ