俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

門柱に赤い目をした雪だるま

作者 宮武桜子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

見たままです。

最新の添削

「門柱に赤い目をした雪だるま」の批評

回答者 イサク

こんにちは。

中七「赤い目をした」という言い回しがこどもっぽくて、大人が作った俳句としては損をしている気がします。

・門柱に御座る赤目の雪だるま
・赤い目をして門柱の雪だるま

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「門柱に赤い目をした雪だるま」の批評

回答者 めでかや

句の評価:
★★★★★

かこさん、おはようございます。いつもお世話になっております。
景の浮かぶ句と思います。
門柱の上に乗るのだから小さい雪だるまでしょう、ですから雪の少ない地方の雪だるまかな。そして赤い目、南天の実か千両か?木の実を使ったのですね。ひょっとしたら白い躰に赤い目をした兎のような雪だるまかも?。干支に掛けているのかも知れないなぁ。色々と想像の膨らむ良句と思います。今後ともよろしくお願い致します。

点数: 1

添削のお礼として、めでかやさんの俳句の感想を書いてください >>

「門柱に赤い目をした雪だるま」の批評

回答者 葉月庵郁斗

句の評価:
★★★★★

聖夜句コメントありがとうございました
御句雪だるまの画像を検索しましたが
赤い目はなかなかないですよ。
面白いです。
添削ではありませんが
一句
門前に片目落ちたる雪だるま
そのままです

点数: 1

添削のお礼として、葉月庵郁斗さんの俳句の感想を書いてください >>

「門柱に赤い目をした雪だるま」の批評

回答者 めでかや

句の評価:
★★★★★

かこさん、再訪です。
よく考えたら『赤い目をした雪だるま』=『雪兎』で置き換えられますね。
わたしは雪兎を知らなかったから良いと思いましたが、ぱっと雪兎を想像された方からは、ただの雪兎の説明じゃん!となるかと思いました。
門柱の〇〇〇〇〇〇〇雪うさぎ
素直に雪うさぎを入れた方が別の情報を盛り込めると思います。宜しくお願い致します。

点数: 0

添削のお礼として、めでかやさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

夏の空紙ヒコーキにあこがれる

作者名 がくせい 回答数 : 1

投稿日時:

真っ白な四国の地図に置く札所

作者名 根津C太 回答数 : 3

投稿日時:

花祭り亭主と主婦の間の我

作者名 根津C太 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『門柱に赤い目をした雪だるま』 作者: 宮武桜子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ