俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

滝壺を追ひ返されたみづ此処へ

作者 長谷機械児  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

兼題「滝」の自選没句。「滝」「虹」「故郷(テーマ)」投句済ませました…。

これまで俳句生活への投句は、上限三句のうち、一句は一物仕立てに挑戦、二句目は自分として出来たと思っているもの(ほぼ取り合わせ句)、三句目は題によるけれども、お遊び・チャレンジの類いか、“エイヤッ”(大した句数が出来なかったときの投げやりな句。時折選ばれて「こっち?」となる句)だったのですが、今回、一物仕立てへの挑戦は諦めました。いろいろ滝の映像を見たり、昔見た華厳の滝を思い返したりして作るも、何をやっても先行名句(特に後藤夜半の句)に引きずられた劣化コピーにしか見えず、…。

まあ、引きずられている感覚があるだけ良いのかも知れませんが。

※最近は、引きずられた自覚なく、無意識・無感覚に剽窃しているんじゃないかという不安をちょくちょく感じていて(デジャヴというやつか)。“投句しようとする句の中心となる言い回し”+「俳句」でもってWeb検索して、既出の句でないか確認はしています。してはいるけれども、Webでヒットする俳句はごく一部。もしかしたら、活字(雑誌とか、歳時記とか)で掲載されていた句や、既に消されたネット俳句を見ていて、これを改めて“自分の句として”思いついたりしているんじゃないか…。

この間は投句後に歳時記をめくっていたら句中の十音ほどがほぼ同じ句に出くわしたりして…(季語や表記は違っていて、別の句ではあるのだが…)、怖いなあ。向こうはプロだから、剽窃めいた句は、ちゃんとはじかれるものと思いたいが…。

最新の添削

「滝壺を追ひ返されたみづ此処へ」の批評

回答者 イサク

こんにちは。
滝は先週投句済ですが、私も類想検索かけました。実際、ポスト天地句やプレバト高評価句にひっぱられてる句はよく見ますね。
兼題落花のとき「落ちるな落ちるなよ」というフレーズを思いついて一瞬「勝った」と思いつつ、すぐに「これは自分の言語センスではない」と気づいたのは良い経験です(笑)結果は推して知るべし。

御句、「追ひ返されたみづ」の映像が私にはわかりませんでした。追い出された、ではなく?
「返される」というと滝上・上流へ戻されるようなイメージです。でもそんな句ではないですよね。「此処へ」ですし。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「滝壺を追ひ返されたみづ此処へ」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

たしかに、コメント内容共感です。
滝は一物が後藤夜半に寄っていく感じがあります。今回の私の3句もこれってあるあるなんじゃないって感じがして、今回はちゃんとWEBで検索かけました。でもそもそも俳句生活に投句するメンバーのあるあるにはひっかかりそうな気がします。うむ。

掲句、跳ね返った水がここに飛んでくることをどう表現するか。追い返すという表現おもしろいですね。

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「滝壺を追ひ返されたみづ此処へ」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

こんにちわ。

真面目ですねぇ。既出かどうかとか気にしたことありません(笑)なんか見覚えあるなぁとかこれはさすがに誰か思いつきそうだなぁと思ったら調べるけど。指摘されたら取り下げればいいだけだし、歳時記にのるような句に似てたら、ちょっと嬉しいし。

御句、「を」が気になりました。何か追ひ返す存在がいそうだが、それは滝壺に流れてくる滝自身であり。滝壺に、滝が沈んでその隙間に外の水が戻っていこうとするが、また浮き上がる水によって外に押し出される。そんな様子と読みましたので、「に」の方がしっくりきました。
もう一点、「此処へ」の是非。自然の描写と思いきや、急に作者の存在がぐっとでてくるのがどうかと。これは感覚の問題な気がしますが、人間の存在は極力消した方がこの句にはいいのではないかと感じまいs田。

滝壺に追ひ返されしみづのとこ
滝壺に戻れぬ水の流れかな

点数: 1

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

イラン火器掻き米下在らずつらら

作者名 宴·輝和 回答数 : 0

投稿日時:

要望:厳しくしてください

インゲンをまめにこっちを尻目に去る

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

成人祭待たず冥府へ悪童ら

作者名 友也 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『滝壺を追ひ返されたみづ此処へ』 作者: 長谷機械児
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ