俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

実南天葉のそれぞれに並びをり

作者 こま爺  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

実南天の裏方を葉っぱに目を向けました。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「実南天葉のそれぞれに並びをり」の批評

回答者 コウ

句の評価:
★★★★★

こま爺様

いつもお世話になります。
今朝の冬の拙句にコメント有難うございました。
自分から離す!んーそこですね!

御句、拝読させて頂きました。
南天の実は赤々と綺麗ですよね。
特に雨上り日があたると艶めいて光ります。
目を奪われます。
言われてみると…
葉は同じようですが
一つ一つ形が微妙に違い個性的ですね。
そこに目がいかれたのかと思いました。

また、どうぞよろしくお願い致します。

点数: 2

添削のお礼として、コウさんの俳句の感想を書いてください >>

「実南天葉のそれぞれに並びをり」の批評

回答者 鳥越暁

句の評価:
★★★★★

こんにちは
御句、個人的に「それぞれ」より「各々(おのおの)」の方が良いかなと思います。

◆実南天葉の各々に並びをり

それぞれ よりも一葉一葉の個性、趣が感じられるとおもうので。韻も良いかなと。
ではでは

点数: 1

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

「実南天葉のそれぞれに並びをり」の批評

回答者 鳥越暁

句の評価:
★★★★★

拙句「凍星」へのコメントありがとうございます。私としては空の情景をはっきりと映した上で、視線の移動をさせてひれに着地という意図でした。残念ながら「鱏のひれ」の印象が強くなりすぎだったようです。

御句について、ご説明ありがとうございました。
ちなみに「それぞれ」も擬人ですので、「各々」をご提案差し上げましたが、失礼いたしました。

点数: 1

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

「実南天葉のそれぞれに並びをり」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

こま爺さん!こんにちは
いつもお世話になっております。
葉っぱに注目されたんですね。もっと具体的な描写が欲しいですね。
葉っぱの先は三つになっていました。
提案句です。
・実南天葉先三つに並びをり
・実南天葉先三つに分かれをり
よろしくお願いいたします。

点数: 0

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

「実南天葉のそれぞれに並びをり」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

こま爺さん!こんにちは
再訪です。
霜夜のコメントありがとうございます。
こま爺さんもご存じのきりぎりす鳴くや霜夜のさむしろに・・・
霜夜は寒い夜ということで触覚でしょうか?それにサイレンの聴覚を合わせました。
寒い夜の救急車のサイレンは不安を感じます。寒いからの連想です。
あくまでも霜夜が主役で詠みました。
御句は葉っぱに焦点を当てたコメントにありましたので、葉の映像を詠んでみました。
よろしくお願いいたします。

点数: 0

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

壮年の兄弟寄せる彼岸花

作者名 めでかや 回答数 : 13

投稿日時:

山藤や隧道抜けてまた隧道

作者名 負乗 回答数 : 3

投稿日時:

晩春のシャワーヘッドは暴れをり

作者名 げばげば 回答数 : 10

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『実南天葉のそれぞれに並びをり』 作者: こま爺
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ