俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

禁煙の母の手袋匂ひたり

作者 鳥越暁  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

実話です

最新の添削

「禁煙の母の手袋匂ひたり」の批評

回答者 めでかや

鳥越さん、こんにちは。いつもお世話になっております。
やはり中七はカッコつけた説明文になっていましたね。『ただ龍涎香って単語を使ってみたかったんだもん(笑)。』というのが正直なところでした。
あと、鯨は季語との認識で他の季語は入れませんでしたが、鯨が死んでは季語としての力も圧倒的に弱まってしまっているのでしょうか。
提案句を拝見したら冬川という季語を入れられておりましたが、この季重なりは上記の理由で良しと判断いたしました。今後とも宜しくお願いいたします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、めでかやさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「禁煙の母の手袋匂ひたり」の批評

回答者 めでかや

句の評価:
★★★★★

鳥越さん、こんにちは。初めましてですかね。
11月から参加(俳句を始めたのも11月)させて頂いております”めでかや”と申します。以後よろしくお願い致します。
御句、私も同じような体験をしておりまして、ふと思い出してしまいました。家内には禁煙したと伝えながら会社で隠れて喫煙、帰宅前には手洗い歯磨きが日課となっておりました。しかし嫌煙家は臭いに敏感なんですよね(*_*;。そんな私も30年経った今は立派な嫌煙家(#^.^#)、しかし愛煙家の方の気持ちも分かる嫌煙家になりました。
俳句については良く分かりませんが、私は手袋を外して吸っていたなぁなんて思いました。なんて考えると”コートや匂いたり”でも”マフラー匂いたり”でも成立しちゃいますね。
・禁煙の母のコートや匂いたり
まぁ、コートなら他の方の臭いが移ったということで言い訳の機会でも与えましょうか、愛煙家の気持ちが分かる嫌煙家でした(^^♪。今後ともよろしくお願い致します。

点数: 2

添削のお礼として、めでかやさんの俳句の感想を書いてください >>

「禁煙の母の手袋匂ひたり」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

鳥越さん、こんにちは。ご健吟のようで何よりです。わたしも俳誌三誌(四季以外)とNHK、投句先を増やして楽しく続けています!

御句。禁煙の母。母は禁煙をしているのだけれど、手袋には好煙のころの名残がある、かつての母のことを今目の前にあるモノのにほひで表している、存続の「たり」が生きた句だと思います!このままいただきます💫

点数: 2

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

独り往く慣れない歩幅雪越後

作者名 すーごー 回答数 : 3

投稿日時:

ふんわりと秋風香る小径かな

作者名 山田直信 回答数 : 1

投稿日時:

鎌倉の螺髪へ留まる仏法僧

作者名 鬼胡桃 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『禁煙の母の手袋匂ひたり』 作者: 鳥越暁
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ