俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

年の空泡の落書き拭きにけり

作者 ドキ子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

子供の頃の思い出です。
大晦日は家族で大掃除と決まっていました。
毎年、私と兄は窓拭きが担当でした。スプレーの洗剤で遊びながら掃除をしました。
よろしくお願いしますm(_ _)m

最新の添削

「年の空泡の落書き拭きにけり」の批評

回答者 佐渡

マサトさん!おはようございます。
いつもお世話になっております。
他の方がコメントしてますのでコメントなしで、かぬまっこさんの提案を入れて
・山茶花や窓ふき担ふ兄と我
窓ふきは外に出てやったりするので庭の花を合わせてみた。
年の暮、年の空の季語は近いかな?

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「年の空泡の落書き拭きにけり」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

マサトさん。こんばんは🙂
お世話になります。
「年の空」にする必要が、ありますかね…
年末のあわだたしい頃を詠んで、思い出も絡んで、良いと思うのですが、「年の空」が、空へ飛んでいる印象を受けました。
"年の瀬"…でいいのでは…
それと、「泡の落書き」が、よく分かりませんね…
「年の瀬や泡で落書き拭きにけり」
とか…
あ、これだと"切れ"が二つになるか…😓
あの、
「降る雪や明治は遠くなりにけり」
と同んなじで…
しかし、まあ、固いこと言わんこっちゃ、ですね😉

また、宜しくお願いします。

点数: 2

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

水無月も暮らし実況黒い影

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

梅酒の実一つかじれば頬赤し

作者名 綱子 回答数 : 2

投稿日時:

あちこちと鳴き場もとめて油蝉

作者名 ちゃあき 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『年の空泡の落書き拭きにけり』 作者: ドキ子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ