俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

花蜜柑一山覆い見事也

作者 田平恒二*2  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

実際に目にした訳ではありませんが、瀬戸内海上の船より、蜜柑の特産地の果樹園に花咲く数多の花の様子は圧巻であろうな・・・・と想像して詠んだ一句です。

最新の添削

花蜜柑一山覆ひ真白なる

回答者 イサク

こんばんは。

この句のいちばんの問題は下五「見事也」ですね。
見事なのが「一山覆い」だとしたらわざわざ言う必要はありません。作者の感想をそのまま書いてしまうのも俳句としては侘びがないですね。

次に気になるのは「一山覆い」なのですが、ここに手を付けると俳句が変わってしまうのでやめておきます。
まずは「見事也」について、句の受け手が想像できるような映像化をお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

瀬戸内の風は花蜜柑の香かな

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
田平さん、VOL2になったんですね。前回の蜩の夕まぐれと同様、とてもすてきな光景を詠まれる印象があります。

私の住んでいる地域には、蜜柑山があり、とてもいい香りがします。
比較的小さな花がつくので、山を覆うとまでのイメージは少ないかもしれません。
どちらかというと香りが周囲を覆います。

「見事也」という言葉を使わずに花蜜柑の見事さを表すにはどうしようかなと考えてみました。コメントの瀬戸内の蜜柑の花ということなので、こういう提案句。句意からはそれてしまいましたが、もし香りで詠むならこんな感じという一例です。

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

春めきて日差し穏やか着て脱いで

作者名 星勲 回答数 : 1

投稿日時:

葱提げてぶらり輪島の市の朝

作者名 ケント 回答数 : 9

投稿日時:

石舞台落花の中に鎮まるる

作者名 雪柳 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『花蜜柑一山覆い見事也』 作者: 田平恒二*2
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ