俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

母からの小遣いで買うカーネーション

作者 加良太知  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

母の日といえばカーネーション、カーネーションといえば母への愛、まさに現代の月並調ですね。😅
いつ作ったかさえ忘れた旧作なので、コメントご自由にどうぞ。

最新の添削

「母からの小遣いで買うカーネーション」の批評

回答者 めでかや

加良太知さん、おはようございます。いつもお世話になっております。
今回は雑談コーナーのコメントにもご意見いただきありがとうございました。このような議論ができる掲示板のようなものを設けていただけたら良いなと思っておりました。ついでにはなりますが現状、コメントを頂いた時のお礼や感想は書いて頂いたかたの投稿句の中にお邪魔するのですが、話が途切れてしまうようで不便に感じています。自分の投稿の中に自分自身もコメントできると全てその中でクローズできるようになるとよくなると思うのですけどね(運営様には二度ほど希望を伝えたのですが音沙汰はありませんでした)。
さて、雑談の続きをちょいと。私が俳句を始めたきっかけはプレバトなのですが、もう一つの理由は老いた父が独学で読んだ俳句を地元新聞に投稿しておりましてならば自分もできるのではと言う甘い考えから始めたのです(そして現在はその難しさを感じているところでございます)。
さらに作風について前回は『虫や小動物をじっと見ていることが好き』とのコメントを残しましたが追加でもう一つ、私の特徴は良くいえば感覚が独創的、悪くいえば感覚がぶっ飛んでいて全く伝わらないだと思っています。現在は後者のほうが圧倒的に多くなってはおりますが、この感覚を上手く活かしていけたら私の作風になっていく、特長にしていけるのではないかと漠然と思っております。
いろいろと思うがままに書かせていただきましたがいまは俳句が楽しいです。今後ともよろしくお願いいたします。
追伸:ツイッターは乗り遅れてしまったようでやっておりません。しかし加良太知さんを検索したら見ることはできました。機会があったら始めることも検討したいと思います。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、めでかやさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「母からの小遣いで買うカーネーション」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。雑誌俳壇の滑稽俳句のような味わいでしたね。
しかしよく考えると、自分でバイトするまではみな親からもらったお金で親にプレゼントしてましたからねー、そりゃ当たりまえなのですが、その当たり前に焦点をあてるとくすっと笑えるw

点数: 2

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「母からの小遣いで買うカーネーション」の批評

回答者 めでかや

句の評価:
★★★★★

加良太知さん、おはようございます。
いつもお世話になっております。

俳句雑談タイムに参加させて頂きます。
私は俳句を初めてひと月ちょっとの初心者です。ですので自分の句風なんてものは
存在致しません。強いて言うならば、しばらくの間は575を崩さない、季語
主役として引き立つようにすることですかね。まぁ当たり前の事とは思いますが、
現状はまずそれですわ。

次に特徴とか強みについてですが句の中に活かされているかは別として、私は幼少の
頃より昆虫や小動物をずっと見ているのが好きでして広い、広大な風景をを見るより
も、どこかをクローズアップするのが向いているのではないかと思っています。

ただ、これに固執することなく今は色々なスタイルの句を見て、勉強して
どんな句にも対応できる基礎を身に付けたいと思っておりますので、結果が出るのは
数十年後かも知れませんね。いやいや結果は最後まででないというのが正解かと
思います。

雑談なんで自由に書いておりましたが、ここまで書いてきて思ったことを私の結論と
させて頂きます。
『作風とかって自分で決めて作っていくものでなく、結果として読み手が感じている
だけではないでしょうか?。まずは自分のために!これを私の俳句の特徴にしたいと
思います。』

この新鮮な気持ちを!。今後ともよろしくお願い致します。

点数: 2

添削のお礼として、めでかやさんの俳句の感想を書いてください >>

「母からの小遣いで買うカーネーション」の批評

回答者 ちゃあき

句の評価:
★★★★★

加良太知さん、拙句「御講凪」に温かいコメントありがとうございました。とても励みになりました。
御句*子供の頃の思い出でしょうか、良い感じが出ていると思いますが「母からの小遣い」が説明的かもしれないです。あとこういう場合「買う」カーネーションより「買った」カーネーションの方が良いと某番組で夏〇先生が言っていたような覚えがあります。
提案:小遣いで買つたカーネーション母へ
またよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

「母からの小遣いで買うカーネーション」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。再訪です!
コメントありがとうございます。
入選句はご時世句なので、組長のとこならすぐに弾かれてそうな句です😆

俳号については好きな人からとっています。
苗字は好きな漫画家押見修造さんから、げばげばは好きな映画監督若松孝二さんの映画タイトルからきています。
みなから、巨泉のげばげばから来てるの?と聞かれますが、私はリアルタイムではないので、加良太知さんはもちろん巨泉さんはご存知ないかなあと。若松孝二さんもご存知ないかも。押見修造さんは今活躍されてる方です。はじめて由来を語りました。

加良太知さんは、からたちの花から来てるのですか?日本にはからたちの花という北原白秋の唱歌もありますよ!すてきな名前。わたしの名前はNHKにはわりとアクが強いので、苗字をつけてマイルドにしたのですが、ほんとに呼ばれるとなるとうれしいものです😆

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「母からの小遣いで買うカーネーション」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

再再訪です!
ラジオまどんな読まれてましたねー、ぽんと家裁が出てくるだけでいろいろ想像できますね。おめでとうございます😊😊

やはりからたちの花や実から来てるのですね、なるほど万葉仮名かー。
そうです、押見先生の「悪の華」も若松監督もとにかく激しい方ですね。だからこそ、「げばげば」という言葉がNHKで流れるのもなんだかと思って、苗字を付けておいた感じです。
私は平平穏穏に暮らしていますが、作品としてはこの二方が好きです。というか映画と漫画は全般好きです!

加良太知さんも苗字付きになるかもなのですね。いかちゃんさんみたいに。ちなみに「寒苦鳥」はいかちゃんさんのいかすみ句会のお題で、初めて季語として認識しました。勉強になる句会です。

そうですね、また大阪に来たら、ぜひ教えてください(*'▽') 仕事ばっかりしてるので、隙間が合うかは?ですが、私もぜひお会いしたいものです。多分年齢は二倍くらい違いますが、俳句は年齢などを超えていくのでいいですよね!

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「母からの小遣いで買うカーネーション」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

手段としての【自己模倣】は、意図的にやってはいません。
意図せずに同じ形になってしまうことはあると思います。というかあります。このサイトでもいくつか似た句が・・
どちらのことをお尋ねですかね?前者だと思うのですが。

過去句を推敲するのは、似た句にはなりますが、それを【自己模倣】と呼ぶのかどうか?

月百句という練習をしていた時は、練習なので直前の十数句と似た句は作らないようにはしていました。が、普段はいまのところ「あまり作句時には過去句を気にしていない」という感じです。
とにかく数をこなして多作しないといい句ができてこない気がして、気にしていられない感じです。
これで答えになってますか?

で、

御句、説明っぽさがあるのですが、「母からもらったお金」で「母の日のカーネーション」を「買う」のが肝なので、省略できる場所が見つからないです。
川柳的ですよね。
今の加良太知様だったら、この説明っぽさは回避しそう。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「母からの小遣いで買うカーネーション」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

再訪です。
一貫した句柄ですかー、なかなか難しい質問ですね。
私もそれを見つけたいと思いますが、まだまだいろんな句を詠んでいるというところです。そして、その中で、自分がこういう句を詠みたかったのだ、と自信を持って思える句を求めているという段階です。そして、それこそが自分の句柄となっていくのではとも思っています。

たしかに、いつき組界隈でも、さまざまな句を自由自在に詠む方は多いですが、一貫した句柄と言われると難しいかもしれませんね。
近江さんなどはそもそもいつき組ではないかもしれませんが、ぐさんや巴里つまさん、なるほどーですね。
わたしはまあ、すいようさんの同期という域をはるかに越えた詩の力にとても感銘を受けています。が、読むのは好きだけど自分が詠む句とはまた違うのだろうとも感じています。どの俳人が好きかという談義も面白そう。私はいつき組出身の方の中では、古田秀さんがとても好きです。

徒然に書いていますが、加良太知は句柄や好きな俳人さんなどどう思ってるのでしょうか?ぜひ教えてください。

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

立葵通過列車に揺れやまず

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

老狼や泉を舐めて横たえり

作者名 ダック 回答数 : 8

投稿日時:

消印とご当地切手きりたんぽ

作者名 鳥越暁 回答数 : 7

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『母からの小遣いで買うカーネーション』 作者: 加良太知
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ