俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

着信の谺となりぬ紅葉谷

作者 げばげば  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

某所ボツ句。
谷が紅葉谷である説得力が足りないかなあ。青葉谷でもいいし動く。

みなさんご意見をよろしくお願いします。

最新の添削

「着信の谺となりぬ紅葉谷」の批評

回答者 加良太知

げばげばさん、今日は。
神野先生、厳しいですよね……
この句の論争点といえば、やはり中七にあると思います。「着信の谺」、特に「谺」という言葉が抽象的で凡人的で、俳句で使う時には要注意です。私もこの単語のせいでボツになった嫌な思い出がありますから……
さて、添削については私もイサクさんとほぼ同意見で、例えば:
紅葉渓木霊のやうな着信音
着信の鈴の音○○○紅葉渓
など、ふと鳴った「着信音」の澄んだ特徴を重点的に描くほうがいいと思います。また、夏の青葉谷とは違って、晩秋の紅葉はもっと霊的で神秘的な表現(鈴の音とか)に相応しいと思われますので、宜しければ幽邃な雰囲気を醸し出す方法をお考えください。
今年最後の「年の暮」はお互いに頑張りましょう。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、加良太知さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「着信の谺となりぬ紅葉谷」の批評

回答者 めでかや

句の評価:
★★★★★

げばげばさん、再訪になります。

佐渡の爺さんのコメントを見て理解できました。
着信音が色々なところで鳴っていたんですね。
この光景は浮かびませんでした。失礼いたしました。

点数: 2

添削のお礼として、めでかやさんの俳句の感想を書いてください >>

「着信の谺となりぬ紅葉谷」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

紅葉、私も中途半端な1.5物句で撃沈しました。
一句あたりに時間をかけすぎる句とそうでない句の落差が激しい💦

御句、コメントの「季語感」以外の話では
◆「着信」は「通信文を受信すること」なので、音を扱っているなら「着信音」としたいかなあ・・と思いました。許容する先生もいるかも、ですが。
 【紅葉渓着信音を谺せし】
◆「着信の谺」のひとかたまりで、もしや別のことを暗示してます?
 そうだとしたらそこまでは深読みできません・・

季語を生かすには、着信よりも、紅葉画像を誰かに共有・送信する気持ちになるかな?と思うのは佐渡爺さんの発想と似ますね。
発信動作は「谺」にはならないので作り変えになっちゃうな・・

点数: 2

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「着信の谺となりぬ紅葉谷」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

げばげばさん!おはようございます。
いつもお世話になっております。
提案句です。
シャッターのやまびことなる谷紅葉
こちらも季語が動くかな?
よろしくお願いいたします

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

「着信の谺となりぬ紅葉谷」の批評

回答者 めでかや

句の評価:
★★★★★

げばげばさん、おはようございます。
いつもお世話になっております。

『着信の谺となりぬ紅葉谷』。大変美しい句と受けとりました。
しかし、よく分かっていません。聞くは一時の恥、教えて下さい。

まずは”谺”ですふが、コダマなんですね、これは調べたら分かりました。
着信はスマホの着信音で良いのでしょうか?。
ただ着信音だとその音量からしても谺として帰ってくるかというとそれは無い様な・・・???。大声とか銃声ならば私なりに解釈できたのですが、今一つイメージが浮かびませんでした。

生意気ですが、そこで提案句を一つ
・銃声の谺となりぬ紅葉谷
山間で鹿を狙う猟師の銃声、紅葉から鹿を連想させたら面白いかもです。

以上、今後とも宜しくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、めでかやさんの俳句の感想を書いてください >>

「着信の谺となりぬ紅葉谷」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

げばげばさん!こんにちは!
葉の散りてのコメントありがとうございます。
イサクさんから宿題は物の果てなんて解答しましたが、げばげばさんのコメントみて説教くさいことになってました。
難問ですね。己が道、空の果て、吉野山、あらし山、おぼろなり、かなしけれ・・・・・
難し、わからん降参(笑)

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

「着信の谺となりぬ紅葉谷」の批評

回答者 めでかや

句の評価:
★★★★★

げばげばさん、こんにちは。いつもお世話になっております。

佐渡の爺さんから、ラッセル&如についてのご回答を頂きました。ラッセルも皆さんには通じる様ですね、そして”ごと”だけでも使えるのだと・・・、全ては私の語彙力の不足、俳句への接触が異常に少ないことに原因あるのだと痛感致しました。

以前のコメントで、俳句をシャワーの様に浴びることが必要とのコメントを頂いた様に、それをしないと語彙力(季語)もアップしないし、微妙なサジ加減もつかめないとの事なんだと理解致しました。現在は自分の中の感覚でやっているだけですね。

基礎知識を付けると共に、多くの俳句に触れて行こうと思っておりますので今後ともご指導の程よろしくお願い致します。

点数: 1

添削のお礼として、めでかやさんの俳句の感想を書いてください >>

「着信の谺となりぬ紅葉谷」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

げばげばさん!こんにちは!
いつもお世話になっております。
垣根のコメントありがとうございます。
夜は積もると良いですね。さすがにげばげばさんです。
ご返還の挨拶句です。
・蕭蕭と澱の溜まりぬ枯葉かな
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

冬ざれや鍬刺さらねど日暮れまで

作者名 秋雄 回答数 : 3

投稿日時:

要望:厳しくしてください

かくれんぼ隠れつかれて春夕焼け

作者名 ダック 回答数 : 1

投稿日時:

炎帝や父の遺影と見た聖火

作者名 鳥田政宗 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『着信の谺となりぬ紅葉谷』 作者: げばげば
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ