俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

俳人と問われ胸張る風鶴忌

作者 佐渡  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

昨日は石田波郷の忌日
今日は俳句の大先輩とランチをして俳句談議に花がさいた。
残り少ない人生を大いに俳句をたのしみたい。

最新の添削

「俳人と問われ胸張る風鶴忌」の批評

回答者 げばげば

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。
そうですね、胸張っていきましょう。
今日小澤實先生じきじきに引用ツイートでお褒めの言葉いただいてましたね。スゴイ。みて下さってるんですね。
俄然やる気が出てくるというものです!

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「俳人と問われ胸張る風鶴忌」の批評

回答者 めでかや

句の評価:
★★★★★

佐渡の爺さん、こんにちは。

日々皆様とのレベル差を感じております。
とんちんかんな解釈をしていたら恥ずかしいからコメントを控えようかとも思いましたが恥をかくのも勉強だと思って感想を書かせて頂きます。

私には”俳人と問われ”の部分の解釈に悩みました。
一つ目の解釈は『あなたは俳人ですか?』と問われて佐渡の爺さんが胸を張って『はい、私は俳人です。』と答えた。なんか気持ち良いですね。私も胸を張って『俳人です』と言える日が来たらいいななんて思いました。

二つ目の解釈は『好きな俳人は誰ですか?』と問われて、『私の好きな俳人は石田波郷です。』と胸を張って答えたのかも知れない。という解釈も浮かびました。

両方とも全く違っていたらどうしよう。無知をさらけ出すようで申し訳ありませんが佐渡の爺さん、諸先輩方、ご指導も含め宜しくお願い致します。

点数: 1

添削のお礼として、めでかやさんの俳句の感想を書いてください >>

「俳人と問われ胸張る風鶴忌」の批評

回答者 葉月庵郁斗

句の評価:
★★★★★

いつもありがとうございます
こちらにコメント、添削を置いていくなら
覚悟と責任は必要ですよね~。
いい加減な事書けないし
句歴が短くとも勉強されて
しっかりアドバイスして下さる方もいらっしゃいますから、私も胸張って俳人と言えるよう頑張ります。
廃人だけにはならぬよう(笑)
またよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、葉月庵郁斗さんの俳句の感想を書いてください >>

「俳人と問われ胸張る風鶴忌」の批評

回答者 ドキ子

句の評価:
★★★★★

夜警の句の添削ありがとうございます。
褒めていただきとても励みになります!
少しだけですが、型三が分かった気がします。
提案句はより良い句だと思います。
勉強になります。

御句の感想です。
格好良い句だと思います。
俳人の石田波郷を知らなかったので、調べました。
水原秋桜子に影響を受けた人で、藤田湘子先生の兄弟子なのですね。しかも「や」の詠嘆を確立した人でもあると。
とても勉強になりました。
いずれ私も「俳句が趣味です!」と胸を張りたいと思いました。
これからの作句の励みになります。頑張りたいと思います。

点数: 1

添削のお礼として、ドキ子さんの俳句の感想を書いてください >>

「俳人と問われ胸張る風鶴忌」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

佐渡の爺さん、こんばんは🙂
私は人に俳人などと、言うのも言われるのも気が引けますが、(自分の句も、同級生などには、"ク" "ハイク"とメール上で表記したりしますね…😄)
しかし、胸をはって「俳人」と宣言すべきです!かね…
仏法修行では、はじめから、私は"ブッタ"なのだ!自らに言い聞かすそうです。覚悟ですね。
助詞の一字すら、おろそかにしまい、という決意ですよ!"舌頭に千転せよ"と芭蕉翁も仰ってます。
お互いにがんばりませう!😉
「俳人と問はれ胸張る」
素晴らしいと思います😉

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

部外者の俺をにらむな猫の恋

作者名 東次郎 回答数 : 3

投稿日時:

森友と加計問題や木下闇

作者名 かぬまっこ 回答数 : 3

投稿日時:

芋を掘りバケツ二杯の天日干し

作者名 天心 舞 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『俳人と問われ胸張る風鶴忌』 作者: 佐渡
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ