俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

切干のぬる湯で戻す夕厨

作者 佐渡  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

昨日は切干を戻して煮物を作った。
少し暖かいお湯で戻すと良い。

最新の添削

「切干のぬる湯で戻す夕厨」の批評

回答者 ぽちっと

はじめまして。
俳句は全然作った事がないど素人です。
夕厨は読めませんでしたが、今の私でもこの句は分かりやすく親しみが湧きます。
美味しそうなご飯ですね。
どうぞよろしくお願い致します。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、ぽちっとさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「切干のぬる湯で戻す夕厨」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。まじでレベルががんがん上がっていきますね!好き句。
ぬる湯でふやけて戻っていくゆったりとした時間。これがさどじいさんの真骨頂なのかも。厨かなとせず、夕厨、おいて夕方の景を見せていくのも広がりがある。
上五「の」がいいか、中七「で」をどうするか。「戻す」という自分の動作で置くか、切干を主体にするか。いろいろ選択がある句ですね。そのままがいいとも思うし。
切干をぬる湯に戻す夕厨
切干の湯にもどりゆく夕厨

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「切干のぬる湯で戻す夕厨」の批評

回答者 葉月庵郁斗

句の評価:
★★★★★

いつもありがとうございます
佐渡爺様の夕厨大好きです。
食材と夕厨で百句できそうですね(笑)
もちろんそのまま頂きます。
話は変わりますが
こちらは爺のままですか?
またよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、葉月庵郁斗さんの俳句の感想を書いてください >>

「切干のぬる湯で戻す夕厨」の批評

回答者 めでかや

句の評価:
★★★★★

佐渡の爺さん、おはようございます。

夕厨、これで”ゆふくりや”って読むんですね。
意味は分かっても読めずに調べてしまいました。
勉強になります。

げばげばさんも仰られているように”切干のぬる湯で戻す”は
ゆったりとした時間の流れを巧く表現していると思います。

最後にもうひとつ、”ゆふくりや”から”ゆっくりや”などと連想してしまい
ひとりニヤニヤとしてしまいました。

今後ともよろしくお願い致します。

点数: 1

添削のお礼として、めでかやさんの俳句の感想を書いてください >>

「切干のぬる湯で戻す夕厨」の批評

回答者 登盛満

句の評価:
★★★★★

佐渡の爺さん、おはようございます。
御句拝読し、
出遅れてしまって、ほとんど皆様に言われてしまいました。しみじみとゆっくり流れる「THE 丁寧な時間」を感じました。
佐渡の爺さん、早くもワールドを確立されていらっしゃっるように思います。
いつかの本で、俳句には作者の人が出る というような事が書かれていたのを思い出しました。
勉強になりました。
 道場なので、ひとつだけ気になった点を。「で」ですかね〜。
げばげばさんの「に」に私も1票いれさせていただきたいです。
 切干しのぬる湯に戻す夕厨

今後ともよろしくお願いします。
 

点数: 1

添削のお礼として、登盛満さんの俳句の感想を書いてください >>

「切干のぬる湯で戻す夕厨」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

佐渡の爺さん、こんにちは🙂
拙句へコメント有り難うございます😉
私も、ほんとに我流で料理はしますよ。
中華飯とか、麻婆豆腐とか…カレーとか…

御句、上五の「切干の」は好きですね。"切干を"とやるより、軽くて良いと思いました。
そのまま頂きます。

また宜しくお願いします😉

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

幽霊の吊されてゐる夏芝居

作者名 長谷機械児 回答数 : 2

投稿日時:

踏まれたる蜘蛛の屍そのままに

作者名 めでかや 回答数 : 8

投稿日時:

梅咲いて佐布里の里はいと静か

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『切干のぬる湯で戻す夕厨』 作者: 佐渡
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ