俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

冬浅し汽車ゆつくりと駅を発つ

作者 長谷機械児  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

記念日俳句、11/19は「鉄道電化の日」。

今どき電化は当たり前だろう、ということで、逆に電化していない鉄道の句を。

今の職場の近所を走っている、JR四国の高徳線というのが現在も全線非電化の路線。

通勤時にたまにこの路線の踏切に止められることがあり、近くの駅に停まっている列車が見える。この列車が踏切を通過するまで待たされているのだが、通勤通学客の乗降が済んでいざ発車…なかなか悠長な初速であります(気動車というのがそういうものなのか、この駅がスピードの出せない構造なのかは、私は知らないけれども)。

※俳句ポスト「立冬」締切日。やっとこさ投句。候補の句は半月前から10句ほどあって、以降特に増やしてはいなかったのだけれども、投句する句を決められないままずるずる来た感じ。この手の時候季語について、類想とか距離感とか…考えてはみても、なんとも手応えがない。

最新の添削

「冬浅し汽車ゆつくりと駅を発つ」の批評

回答者 なおじい

長谷機械児さん、こんにちは。
御句拝読しました。これはいい。良い意味で、なんだか読んでいてホッとする句です。好きな句です。
長谷さんですと、「ゆっくりと」の部分が「のろのろと」とか逆に「唐突に」とかの措辞で、どこかしら、いい意味での違和感を醸し出すのが作風だと思います(注:この「違和感」はネガティブな意味ではなく、個性に近いです。褒めてます)。
掲句は、その視点からすると、違和感がないです。
スーッと入ってきます。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「冬浅し汽車ゆつくりと駅を発つ」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

長谷機械児さん!こんばんは!
いつもお世話になっております。
汽車という言葉に懐かしさを覚えます。
今は電化されたところが多いですね。でもディーゼルも形式はD
提案句です。
・発つ駅に汽笛の残る冬浅し
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

「冬浅し汽車ゆつくりと駅を発つ」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

こどもの頃は私鉄電車+国鉄非電化路線、という地域に住んでいました。
ディーゼル車の方がゼロからの加速が悪く感じますね。
構造上、停車時にかなりの無駄(車で言う「空ぶかし」)が必要だからだと思いますが。

御句の「ゆっくり」は、観察というより、心情的に「ゆっくりに感じる」という句と受けとります。
特に瑕疵があるわけではないですが、使いまわされて来た言葉のようには感じます。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「冬浅し汽車ゆつくりと駅を発つ」の批評

回答者 つちや郷里

句の評価:
★★★★★

長谷機械児さんこんにちは。
日向ぼこの句へのコメント、添削ありがとうございます。

御句
汽車やディーゼルカーってかっこいいですよね。
世代的にあまりそういったものを目にしたことが無いので、よりロマンを感じます。
初動に時間のかかる汽車の特徴を表現できている句だと思います。

・ゆるゆると動き出す汽車冬浅し
・冬浅し汽車じわじわと動き出す

またよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、つちや郷里さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

もてなしとばかりに扇ぐ水団扇

作者名 卯筒 回答数 : 0

投稿日時:

掛軸は円相一筆実南天

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

春夕焼サイロの草のなかりけり

作者名 イサク 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『冬浅し汽車ゆつくりと駅を発つ』 作者: 長谷機械児
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ