俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

恋みくじ引いた制服息白し

作者 えり  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

浅草を歩いていたら、セーラー服を着た女の子が2人、恋みくじを引いて何やら賑やかにおみくじを読んでいた情景を句にしました。

最新の添削

「恋みくじ引いた制服息白し」の批評

回答者 なおじい

えりさん、こんにちは。初めまして。句集のほうの句より先にこちらにコメントします。

御句拝読しました。いい句ですね。光景が浮かんで、若さを感じます。

このままもいいのですが、ちょっと出しゃばりたくなりました。

・恋みくじはしゃぐ制服息白し

おみくじを引くだけでなく、コメントにあるように女子高生とかはキャッキャッと賑やかですよね。そこまで詠んでみました。
ただ、下五の季語が「息白し」ですから、「はしゃぐ」まで言わずに単に「引く」でもいいかもしれません。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「恋みくじ引いた制服息白し」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようこざいます。

こちらの句は、できていると思います。
もうひとつの「句集」の句と違って、俳句としてちょうどいいぐらいに収まっていると思います。「恋みくじ」の省略や、「恋みくじ」「制服」の組み合わせで女生徒と思わせることもできていると思います。
「息白し」なので11月ではなくもう少し先の冬の風景ですね。
このままいただきます。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「恋みくじ引いた制服息白し」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

えりさん!こんばんは!
はじめましてよろしくお願いします
女学生が恋占いでおみくじを引いたということかな?
提案句です。
・女学生恋みくじ引く除夜の鐘
来年の恋の行方を占いということにしました。
よろしくお願いいたします。

点数: 0

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

茶の花や地蔵の面消えにけり

作者名 あつこ 回答数 : 2

投稿日時:

二冊置く薬手帳やえごの花

作者名 シゲ 回答数 : 1

投稿日時:

雨の中畦でひとりや思案顔

作者名 白井百合子 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『恋みくじ引いた制服息白し』 作者: えり
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ