俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

秋晴れのこの富士初めてのぞみ号

作者 こま爺  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

過去何度か見たことはあったが、この度のが一番綺麗でした。秋晴れで少し雪をかぶり絵に描いたようでした。

最新の添削

「秋晴れのこの富士初めてのぞみ号」の批評

回答者 イサク

こんにちは。

この句は「秋晴れの富士がきれいで感動した」まで言えれば大丈夫だと思います。

「初めての」はあくまで自分の経験を説明しているだけで、他の人はもっときれいな富士を見ているかもしれません。「初めての」は心にとどめておきましょうか・・・
「新幹線のぞみ号」も自分経験の説明なので、富士山の映像を優先するなら変えてもいいかと思います。提案句では残しておきます。

・のぞみ号よりああ秋晴れの今日の富士

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「秋晴れのこの富士初めてのぞみ号」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

駒川義輝さん、こんにちは。
御句拝読しました。富士は冠雪してきれいですよね。私たちも昨日は山歩きで、美しい富士を堪能しました。

・今日のこの富士が一番秋高し

のぞみ号の車窓から見た、という点を入れたかったのですが、ごめんなさい、そうするとキツくなってしまって…。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

秋晴れの此度の富士やのぞみ号

回答者 鈴屋いるか

句の評価:
★★★★★

駒川義輝さん、こんにちは
新幹線や飛行機で富士の近くを通る時はついつい見てしまいますよね
季節時間帯によって違う顔の富士にいつも雄大さを感じます

さて、御句ですが中七下五に少し窮屈感を感じました
少し緩めて切れ字で詠嘆するバージョンを詠んでみました
よろしくお願いします

点数: 0

添削のお礼として、鈴屋いるかさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

冬うららエアーゴルフをする専務

作者名 ちゃあき 回答数 : 3

投稿日時:

夏の空肥前路を行く聖火リレー

作者名 洋子 回答数 : 1

投稿日時:

酒息の紫煙貫く朝時雨

作者名 寒月 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『秋晴れのこの富士初めてのぞみ号』 作者: こま爺
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ