俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

歌麿の百鬼絵巻やハロウィーン

作者 長谷機械児  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

10/31は、喜多川歌麿の忌日。それでもって、ハロウィーン。

妖怪画といえば歌麿の師である鳥山石燕のほうが断然有名で、歌麿が百鬼夜行絵巻を描いたなんて話は知らないけれども。
渋谷などの都会で発生するコスプレ行列の光景は、(この世にいれば)歌麿なら描いていそう。

別案: 歌麿の百枚揃ハロウィーン

歌麿が描くなら絵巻でなくて揃物(浮世絵のシリーズ物)か、とも考えたが、伝わりにくいか。
一方で、「百鬼絵巻」は「ハロウィーン」に近いかとも…。

最新の添削

「歌麿の百鬼絵巻やハロウィーン」の批評

回答者 ドキ子

牛蒡の句の添削ありがとうございます。
中七の切れのご指摘を受けていましたが、理解していませんでした(汗)
要素が多いのですね。確かにその通りなのかなと思います。
それは添削句が私が実際に見た光景だからです。凄いです。
再訪ありがとうございます。
文語については、ネットで調べて意味もよく分からず使用しています。
本を読むかして勉強しないと、と思います。

御句の感想です。
今日が喜多川歌麿の忌日だと初めて知りました。美人画の印象が強いです。
「百鬼夜行」の絵画は色んな人が描いていて有名ですよね。「百鬼夜行」という言葉を見ると、「陰陽師」や「付喪神」を連想してしまいます。漫画や小説の影響だと思います。
歌麿が描く「百鬼絵巻」はとても興味が湧きます。やはり何処かに美人が描かれるのかなと想像してしまいます。
良い句だと思います。
勉強になります。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、ドキ子さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「歌麿の百鬼絵巻やハロウィーン」の批評

回答者 鈴屋いるか

句の評価:
★★★★★

長谷さん、こんにちは

たしかに渋谷駅のハロウィンはまさに百鬼夜行といった感じですよね
仮装そのものよりあそこまで常軌を逸しているのが恐ろしく感じます、、(笑

私もハロウィン句を考えていて百鬼夜行や魑魅魍魎で詠もうかなぁ、と思っていたのですが、今一つ味が足りないな、と感じてました
そこで本句の歌麿の浮世絵のイメージが良い感じにオリジナリティがあると感じました
流石だと感じました

点数: 1

添削のお礼として、鈴屋いるかさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

カタカナでアラートという大暑かな

作者名 こま爺 回答数 : 3

投稿日時:

ただいまとお帰りのあり燕の巣

作者名 かこ 回答数 : 14

投稿日時:

行く春の一つ箪笥に折りたたむ

作者名 こま爺 回答数 : 9

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『歌麿の百鬼絵巻やハロウィーン』 作者: 長谷機械児
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ