俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

秋天に片っぽの虹昇りたり

作者 鈴屋いるか  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

秋の空に片方だけの虹が龍の如く空に伸びている様を詠った一句です
「昇りたり」の擬人化っぽい所が迷いどころです
「伸びにけり」の方が素直に無難でしょうか、、うむむ、、、

前句の「秋麗」句は一句一季語一名詞一動詞一点集中が出来ておらずぼんやりとしてしまいました
型の課題がまだまだとはいえ一段落して正直なところ気が抜けてたところもあります、反省です、、、汗
皆様のコメントが良いカンフル剤となりました!
これからもよろしくお願いします

最新の添削

「秋天に片っぽの虹昇りたり」の批評

回答者 ちゃあき

いるかさん、拙句「失敗は~」へのアドバイスどうもありがとうございました。教訓めいて観念的というご指摘にはっとさせられました。ご提案句は二句とも素晴らしいと思いました。勉強になります。
御句拝読しました。虹が夏の季語になってしまうので秋天にすると季重なりになってしまいますね。秋の景ですと秋の虹を季語として秋天は他の言葉に使いたいです。
・秋の虹片足だけで立ちにけり
又よろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

啓蟄や昆虫食のパッケージ

作者名 ささゆみ 回答数 : 1

投稿日時:

今コロナ行動してはいけません

作者名 翔子 回答数 : 1

投稿日時:

浜焼きの音頭は長女風薫る

作者名 秋沙美 洋 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『秋天に片っぽの虹昇りたり』 作者: 鈴屋いるか
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ