俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

老夫婦いちょうもみじのベンチかな

作者 おかえさき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

老夫婦とは我が夫婦です😓
数日前近くの大きな公園に行きました、銀杏が沢山ある公園でまだ紅葉してない物している物綺麗でした。
大きな人口川があってまるでヨーロッパにでも居るような錯覚を覚えるおきにいりの公園です。
調べが悪いような気がするのですが…

最新の添削

「老夫婦いちょうもみじのベンチかな」の批評

回答者 舞矢愛

おかえさき様、
舞矢です。曼珠沙華の句の添削感謝いたします。
御句ですが、私には銀杏黄葉の中を老夫婦が寄り添い合いながらベンチに向かっていく光景を想像しました。。。となると少しおかえさき様のコメントとは違ってきてしまいますね。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、舞矢愛さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「老夫婦いちょうもみじのベンチかな」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

おかえさきさん、こんにちは。
再々訪です。
「老夫婦」について。
俳句に老夫婦と置いた場合、必ずしも第三者的に他の年老いた夫婦のことを言っているというものではありません。ただ、そう思われる方が自然ということでしょう。

まず、普通、高齢者は自分では自分たちのことを年寄りとか高齢者とか、老夫婦とか言わないからですね。老夫婦とは、側から見た言い方です。若い二人が自分で自分たちを若夫婦と言わないのと同じですね。
ですから、俳句に「老夫婦」とあれば、誰かがその夫婦を見て詠んだ句と思うのが普通です。
ただ、読み手が「老夫婦」を自虐的に使うことはあります。高齢の作者が、自分たちの日常を面白おかしく報告する句の場合です。
これは面白いことこの上ないですが、ある意味で孫俳句と同じように、自己満足、内輪受けになりがちだったり、類想のこともあります。

私は以前、つぶしが効くので下五に「老夫婦」を置く俳句を連発していましたところ、先輩メンバーに諭されました。それ以降封印しています。

結論、自分たちに老夫婦と使っても構わないと思います。ただ、他の夫婦と間違われないように工夫する必要があります。

点数: 2

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「老夫婦いちょうもみじのベンチかな」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

おかえさきさん!こんにちは!
いつもお世話になっております。
紅葉の本格的になって散歩が楽しい季節になりました。

御句は老夫婦とすると自分たちとことではなくなると思います。
久保田万太郎の俳句をお借りして

・銀杏もみぢ夫(妻)とベンチの遠眺め
俳句を詠んでいる方がご主人様か奥様か存じ上げないので奥さんが詠むとすれば夫(つま読む)となります。
よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

「老夫婦いちょうもみじのベンチかな」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

おかえさきさん、こんにちは。御句拝読しました。雰囲気はつかめます。穏やかな光景ですね。

しかし、ご自身でも懸念なさっているように、今一つ引っかかるものがあります。
上五の老夫婦は、ベンチに座っているのだと思いますが、離れてしまっていて、誰もいないベンチを詠嘆しているように読めます。老夫婦は下五に持ってくると安定しますけどね。
「いちょうもみじ」は「銀杏黄葉」と表記なさってはいかがでしょうか。

・銀杏黄葉ベンチを探す老夫婦
・銀杏黄葉ベンチに憩う老夫婦
・銀杏黄葉眺むベンチの老夫婦

ただ、下五を「老夫婦」で締めますと、高齢者類想句の仲間入りする危険性が高まるようです(笑)。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「老夫婦いちょうもみじのベンチかな」の批評

回答者 鈴屋いるか

句の評価:
★★★★★

おかえさきさん、「秋麗」句へのコメントありがとうございました
当句は軸の定まってないぼんやりした感じでしたね
まだまだ修行が足りません、、汗

さて、御句ですが「銀杏紅葉」の音数の問題でどうしてもおさまりが難しいですよね
上五で字余りにするのもありですがリズム的に字余り感も少し強いので「老夫婦」か「ベンチ」かに集中した方が句全体としては収まりが良いかと感じました
・連れ添いと銀杏紅葉を眺めをり
・陽の当たる銀杏紅葉のベンチかな

今後ともよろしくお願いします

点数: 1

添削のお礼として、鈴屋いるかさんの俳句の感想を書いてください >>

「老夫婦いちょうもみじのベンチかな」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

おかえさきさん、こんにちは。
添削が消える云々のことについて。
私はおかえさきさんのご投句やコメントは全部見えてますよ。

私もよくわからないというか、こういうのって、会って顔を合わせてどのような状態なのか見せてもらわないとわからないです。ごめんなさい。

とりあえず、リセットということで、トップページの一番上、「あなたの書き込み一覧」というタイトルがあって、その下に、「不快なコメントを書かれたら?」か、「ブロックしたユーザー一覧/解除」というのがありますよね、そこをクリックして、もしどなたかをブロックしていたら、解除してください。
ここがクリアであれば、このサイトでは、誰かのが見えないとか消えてしまうとかは起こり得ないはずですよ。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「老夫婦いちょうもみじのベンチかな」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

おかえさきさん、こんにちは。
添削が消えてしまう件、解決したようでよかったですね!
よもや、自分で自分をブロックする方がいらっしゃるとは思いませんでした(笑)。
何かわからずにふっとボタンを押してしまうことってありますよね。
私も、会社のパソコン入れ替えで、昨日から新しいのになったのですが、慣れないので今日、変なボタン押してしまいました!
今のところ大丈夫ですが、何か起こるかも(笑)?

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「老夫婦いちょうもみじのベンチかな」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

おかえさきさん、こんにちは。返信はいいですとのことでしたので、簡単に。

「この人をブロック」は、他の人は見たり触ったりできませんので、やはり、おかえさきさんが自分の名前も知らない人のも含めて、ある時ブロックしたしまったのだと思います。
「そんなことした覚えないのに…」ということかもしれません。しかし世の中そういうものですよ(笑)。

でも今は全て消えましたね!安心してまたご投句ください!

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「老夫婦いちょうもみじのベンチかな」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

おかえさきさん、こんにちは。
再訪です。
問い合わせの答えです。
この道場は、一度添削依頼をした句は消えませんよ。消したくても消せません(笑)。

次に、人の句を添削した場合、これも消せませんし消されません。

青いボタンの非表示とは、自分の俳句をどなたかが添削してくれたが、それを作者が読みたくないので表示しないようにするということです。
私はこれまで、自分が見なくて済むようにする機能であって、他の人にまで影響を及ぼすものだとは思っていませんでしたが、もしかしたら、他の人からも見られなくなってしまうのかな?

試しに、私が、この後でテスト添削メール流しますから、それを「この批評を非表示にする」という青いボタンを押して消してみてください。

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

おかえさきさん添削のメールです

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

おかえさきさん、こんにちは。
これを、青いボタンで非表示にしてみてください。

してみたら、また連絡ください。

なお、このやりとりをみて、「何をやってるんだこの二人?」という方は、どうぞ横入りしてください(笑)!

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「老夫婦いちょうもみじのベンチかな」の批評

回答者 舞矢愛

句の評価:
★★★★★

おかえさき様、
舞矢です。曼珠沙華の句の添削感謝いたします。
御句ですが、私には銀杏黄葉の中を老夫婦が寄り添い合いながらベンチに向かっていく光景を想像しました。。。となると少しおかえさき様のコメントとは違ってきてしまいますね。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

点数: 0

添削のお礼として、舞矢愛さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

炎天にタオルは固く乾きけり

作者名 ささゆみ 回答数 : 5

投稿日時:

春の月揺れる表面張力で

作者名 豆柴 回答数 : 5

投稿日時:

二の並ぶ珍しき日や冴返る

作者名 ちゃあき 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『老夫婦いちょうもみじのベンチかな』 作者: おかえさき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ